ナイル川

アフリカ生活も、半分を終え元気に送っているらしい。

何せ、連絡は業務伝達並みに短くしか出来ないから、想像に過ぎないけれど。

週末は、仲間達とアフリカを見て回っているらしい。

アフリカ最長の河、Nile River。
a0161409_21565893.jpg

a0161409_21572803.jpg

a0161409_21571538.jpg

この大自然の赤土を肉眼で見れる経験は、何物にも変えがたい、と母は思う。


[PR]
# by hana-as426 | 2018-05-30 22:02 | 旅行 | Comments(0)

七並べ

1週間、夫関係の留学生が宿泊しているので、賄いに徹しています。

新しい家が決まるまでの宿泊受け入れは、毎度の事ですが、夕飯後のひと時に、トランプの七並べを1戦のみするのが恒例です。

夫婦2人の時は、毎晩セブンブリッジを3戦だけして、いろんな事を話す時間にしています。

何故、留学生を交えて1戦をする事になったかと言うと。
ズバリ、性格を知るいいチャンスだからです。

慎重だったり、作戦を練ったり、ただ流れに任せるタイプだったり色々です。

今回の対戦相手は、七並べをするのが久々だそうで、初戦に負けた晩、部屋に戻ってから七並べに勝つテクニックを検索したそうです。

3晩私が連勝しましたが、研究の甲斐があって彼が4戦目に勝ちました。

2〜3年間、同じ釜の飯を食う仲間を知る、なかなか楽しい一戦です。

彼は、麻雀がプロ級だそうで、”教えて〜”とお願いしています。

将来シニアホームに入ってからも、お仲間と雀卓を囲める老女でいよう、という目標故です。
a0161409_20545092.jpg
庭の彩が綺麗になり癒されます。

皆さまも、楽しい週末をお過ごしください🌺さて、今晩は誰が勝つかな♣️


[PR]
# by hana-as426 | 2018-05-26 21:08 | NJ | Comments(0)

プロフェショナル

冬の間、悩まされた痛痒いは、Saikiを使って1週間もしない内にやっと治りました。

潤いを取り戻せたのは、薬用化粧品と共にプロフェショナルからのアドバイスが大きかったと思います。

🇯🇵の早朝、多分家族が起きていないうちに送ってくれた様々なアドバイス。

体のうちから治すための助言は、真摯に仕事と向き合っている彼女そのものでした。
a0161409_20443930.jpg
助言通り買いに走ったビタミン。みつからない物もありましたが、すぐに服用し始めました。

洗顔の仕方、生活習慣、軟膏の使い方など。

日本語の通じるプロフェショナルは、50年来の幼馴染でした。痛痒いを救ってくれた、心強い灯台下暗しでした。





[PR]
# by hana-as426 | 2018-05-23 20:53 | NJ | Comments(0)

一葉の写真から

アフリカから送られてきたたった1枚の写真。
a0161409_22391986.jpg
完全に馴染んでいて、どこに居るのかわからないし📷

世界中から集められたインターンシップ7名は、それぞれが第3第4言語に長けているとのこと。

この写真を眺めながら、それを聞いたとき、すごく空が広い気がした。

私の二十歳の時とは、空の広さが違う。

末娘の進んで行く先は、果てしなく広い。


[PR]
# by hana-as426 | 2018-05-20 22:46 | 旅行 | Comments(0)

えん(縁)

まだ航空券の予約だけで、宿も決めてないという段階で、誘ってくれたのが嬉しかった。

20代の頃、ほとんど一緒に飛んでいた同い年の先輩✈️
お互いの結婚式にも参列した仲だけれど、30代からは関西と東京、果ては🇺🇸へ渡ってしまい、数回しか会えていない。

5th AveにあるThe Plaza Hotelでお茶をしたのが、ほぼ30年前。
あの頃は、年不相応なパーディアム(外地の生活費)が、あったからどんなお店でも構わず入っていたけれど。

今や通り過ぎるだけなので、再会にThe Paim Courtに予約を入れましたよ。
なんと、な、な、なんとAfternoon teaで$75也☕️チップ入れたら$100だわね。

お互い元気で、30年後に同じ場所で再会できるなんて夢のようだもの、それくらいの贅沢はいいわよね。
a0161409_00250080.jpg
こちらが寝ている間に、幼馴染グループラインでは西城秀樹さんの訃報ニュースが飛び交っていました。

母の日に幼馴染が送ってくれたレースの宝石入れと花瓶敷き。
携帯に便利なので、来月のスペイン、夏の日本へ一緒に飛び立ちます。

右の花柄は、昨年別の幼馴染がプレゼントしてくれた宝石入れ。

祖母の形見が見つからない騒動にこりごりし、帰宅したら必ずこれにしまっています。明るい花柄を眺めるだけで、気分↑↑

こんなにたくさんいる人々の中で、仲良くなれるのは、ほんの一握り。
同じ環境に居るときは仲が良くても、離れ離れになってから続くかどうかは、縁以外の何物でもないような気がします。

[PR]
# by hana-as426 | 2018-05-18 00:37 | NJ | Comments(0)