えん(縁)

まだ航空券の予約だけで、宿も決めてないという段階で、誘ってくれたのが嬉しかった。

20代の頃、ほとんど一緒に飛んでいた同い年の先輩✈️
お互いの結婚式にも参列した仲だけれど、30代からは関西と東京、果ては🇺🇸へ渡ってしまい、数回しか会えていない。

5th AveにあるThe Plaza Hotelでお茶をしたのが、ほぼ30年前。
あの頃は、年不相応なパーディアム(外地の生活費)が、あったからどんなお店でも構わず入っていたけれど。

今や通り過ぎるだけなので、再会にThe Paim Courtに予約を入れましたよ。
なんと、な、な、なんとAfternoon teaで$75也☕️チップ入れたら$100だわね。

お互い元気で、30年後に同じ場所で再会できるなんて夢のようだもの、それくらいの贅沢はいいわよね。
a0161409_00250080.jpg
こちらが寝ている間に、幼馴染グループラインでは西城秀樹さんの訃報ニュースが飛び交っていました。

母の日に幼馴染が送ってくれたレースの宝石入れと花瓶敷き。
携帯に便利なので、来月のスペイン、夏の日本へ一緒に飛び立ちます。

右の花柄は、昨年別の幼馴染がプレゼントしてくれた宝石入れ。

祖母の形見が見つからない騒動にこりごりし、帰宅したら必ずこれにしまっています。明るい花柄を眺めるだけで、気分↑↑

こんなにたくさんいる人々の中で、仲良くなれるのは、ほんの一握り。
同じ環境に居るときは仲が良くても、離れ離れになってから続くかどうかは、縁以外の何物でもないような気がします。

[PR]
by hana-as426 | 2018-05-18 00:37 | NJ | Comments(0)