ハワイアンキルトをあなたと
by hana-as426
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
レッスンのお問い合わせ
フォロー中のブログ
handvaerker ...
外部リンク
最新の記事
ハワイアンキルト ランチョン..
at 2018-04-27 04:45
トルネード
at 2018-04-23 23:13
リベンジお花見
at 2018-04-21 21:59
ハワイアンキルト コースター
at 2018-04-18 04:23
集中
at 2018-04-17 07:06
最新のコメント
クッキーも、ポッキーのイ..
by hana-as426 at 07:09
桜めでましたか? どち..
by 優俊 at 19:43
EIKOちゃん、すごい進..
by hana-as426 at 06:49
お久しぶりです。 スマ..
by EIKO at 11:52
お久しぶりです。 スマ..
by EIKO at 11:52
> 優駿さん 本人、日..
by hana-as426 at 04:25
今年こそ会えると喜んでい..
by 優駿 at 11:40
> Ericaパパさん ..
by hana-as426 at 22:50
華様、お久しぶりです。そ..
by Ericaパパ at 17:14
献身型なの? 珍しい〜..
by hana-as426 at 22:03
カテゴリ
ボストン
NJ
ニューヨーク
日本
生徒さんの作品
レッスン風景
旅行
検索
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
海外生活
ハンドメイド
画像一覧

誕生

Nさんから、クラスの皆さんへ、無事赤ちゃんが生まれた知らせが届きました。
生まれたての写真は、とても可愛らしくて、早く抱っこしてみたい衝動に駆られます。
毎日の変化を楽しんで、大事に育てて下さいね。
a0161409_1573788.jpg

荷物の整理をしていたら、子供たちの産着が出てきました。

2人が生まれた山王病院は、入院中は病院の肌着を着ていました。

退院日、まさしく初めての外界デビューに身に着けていた産着です。

この肌着は、入院中ちょっと抜け出して青山ツインビルのフャミリアで調達しました。多分、ご対面してから、その子らしい物を揃えたいと思っていたのでしょう。

信濃町で保母さんをしていた友人が、病院にお見舞いに来てくれた時、私は買い物に出ていてびっくりされた事を思い出しました。

2人の主治医は、あの山口百恵さんのお子さんたちを取り上げた女医さんで、70代の今もご活躍してらっしゃいます。

日本にいたら、40代の体がつらかった時期、多分お世話になれたのに残念です。

あのミルクの匂いがするかなと、顔を近ずけてみましたが、当然ながら叶いませんでした。

他の荷物に紛れて捨ててしまわない様、大事に大事に箱に入れておきましょう。
[PR]
by hana-as426 | 2010-05-21 02:16 | ボストン | Comments(4)
Commented by 優駿 at 2010-05-21 11:23 x
かわいいですね。 うえの姫の幼少のころを思い出しました。
抜け出せる場所がいいですね。私の場合上はあそこの個人病院だし、下はマリアンナで売店がせいぜいでした
大きく、素敵になった姫たちと再会できるのを一家で(特に娘が)
楽しみにしてます。 また、名前は間違えるかもですが・・・
Commented by hana-as426 at 2010-05-21 21:39
名前を間違うシーンを、我が家では笑いながら物真似しています。(爆)
でも、何故か私の名前は、間違わないで覚えていてくれますね。

2人の名前間違いがいつまで続くか、これも又たのしみです。
大きくなってからの話の種になりそうでしょ?
Commented by melissan at 2010-05-22 14:58
なんて綺麗に保管していらっしゃるのでしょう!(しかもボストンにまでお持ちとは!)お嬢様たち、良い思い出ですね。
我が家は、1年に1着、お気に入りの服をとっておいたのですが、
昨年とある団体に寄付しました。お役に立てて良かったのですが、唯一悔やまれるのが、本を見てどうしても作りたくなり、不器用な私が悪戦苦闘して作った布のファーストシューズ。
二度とお目にかかれないでしょうから、
とって置けばよかった・・・。(泣)
Commented by hana-as426 at 2010-05-22 23:38
手作りのファーストシューズのお話は、とっても残念です。その時は、何となく手離して、後になってからその大切さがわかる物ってありますね。

1年に1着ずつ記念に残しておくのも、いい考えですね。思いつきませんでした。

私は、この産着しか残していないんです。何度か海を渡ったと思うのですが、これは、手離す事が出来ませんでした。

今度は、お孫さんの為にファーストシューズを作って下さい!
私は、孫それぞれに、お包みを作る事を
目標にしています。お嫁さんは嫌かもしれませんが。