ハワイアンプリント

Kitを作るに際し、私のこだわりの1つに、ハワイアンプリント柄の生地があります。

こちらの生地屋さんでは、場所柄かハワイアンプリントが数少なく、見つけても求めてる柄と違ってることが多々ありました。

そこで、ハワイに行き始めた2002年から、ワイキキの生地屋さんで1年分の生地を調達するのが、たのしみの1つになりました。

昨年の夏は、レンタカーをしたので、遠方まで足をのばし、娘たちも加わり、今までと違った雰囲気の生地を調達して帰って来ました。それまで、知らず知らずのうちに、生徒さんの好みを第一に選んでいましたが、娘の好みで選んだ柄は、個性的で、その時はう~ん、、、と思いながら買い求めた柄が、実は1番人気になったりしたのも、目から鱗でした。

生徒さんのFirst Quiltには、必ずハワイアンプリントを使い、リバーシブルで楽しめるよう、願いを込めて今日もKit作りに励みます。


a0161409_5274810.jpg
[PR]

# by hana-as426 | 2010-01-16 02:17 | Comments(0)  

生徒さんのファーストキルト

さて、今日は、生徒さんのファーストキルトについてお話しましょう。

モチーフは”パンの実”、14インチ四方のミニタペストリーです。
パンの実は、ハワイの植物で“繁栄”を象徴する、おめでたいデザインです。

必要な品は、キット内にすべて入っていますので、生徒さん初めの一歩は、好きな色を選んでもらうことからスタートします。

今まで50以上のキットを作っていますが、ダントツ、ピンクのオーダーが多いようです。

回りをくるむ部分と、裏地にハワイ直送プリント柄を使ってるのが、私の拘りです。
この生地は、毎夏ハワイに立ち寄り、買い求める事も、私の楽しみの一つです。

早い生徒さんで4回のレッスンで仕上がりですが、このモチーフ1つで凹凸や丸みの手法を覚えられることになっています。

更に詳しいキットの中身や、今後使うお道具は、また次回に。



a0161409_5242316.jpg
[PR]

# by hana-as426 | 2010-01-15 03:08 | レッスン風景 | Comments(0)  

First Quilt

末っ子が、やっとプリスクールに通いだし、12年ぶりの一人身スタートと同時に始めたアメリカンキルト。

それは、それなりにたのしかったけれど、、、正直苦しくもあった。
細かくミリ単位で測った布をつなげていく作業。

そして、3作目に自分で選んでスタートしたHawaiian Quiltの楽しいこと!!
第一に細かくない!
つなげる事から出来上がるそれと違い、1枚布を使って仕上げる手法。

細かい事が大切と、勘違いしていた私のFirst Quiltのキルティングは、とても生徒さんには、お見せ出来ない作。
心持ち広く、ぼっこりと仕上げた方が、素敵なんて、、、言ってるくせに。

初めから魅了されてしまった私は、現地で本場のHawaiian Quiltを習いたいなどと、とんでもない野望に取りつかれ。

そして、それが現実となる。

a0161409_584558.jpga0161409_6371951.jpg
[PR]

# by hana-as426 | 2010-01-14 01:28 | Comments(0)  

出逢い

今から、かれこれ10年前。

2度目の渡米を“子育てだけでは、終わりたくない”と、もがいていた頃。
仕事に走り抜けた20代、子育てに無我夢中だった30代を経て、”何か”を探し、、、。

フラワーアレンジメント、ナンタケットバスケット、そしてキルトと出逢った中で、何故かハワイアンキルトに魅せられてしまったあの頃。

長い寒い冬の北米だったからこそ、その鮮やかな彩りに引き込まれたのかも知れない。
そして、その鮮やかな彩りに、どんなに救われて来たことだろう。

私の元気の源、鮮やかな布達と、素敵な生徒さん達とのレッスン風景をご一緒に。


                           by 華

a0161409_555657.jpg

[PR]

# by hana-as426 | 2010-01-13 03:20 | Comments(0)