素敵な方とのデートに、ぴったりの場所、マンダリンオリエンタルホテルのラウンジへ。
a0161409_10535880.jpg
38階からの眺めもさることながら、季節感を大切にした繊細さは、さすが日本ならではです。
a0161409_11121220.jpg
枝豆風味のカナッペ、冷製トマト風味、マカロンは、さっぱりとミント味、上段のゼリーの中に金魚が泳いでいるのが、見えますか?

アフタヌーンティーといえば、一人づつのポットで頂く、たっぷりとした紅茶を思い浮かべていた私。

こちらのサービスは、程よく1杯づつオーダーを聞きに来てくれます。

1杯目は季節のおすすめマンゴティー、2杯目は香りを楽しむラベンダー、3杯目はスイーツをいただくためのコーヒーをお願いしました。

2人とも3杯で大満足でしたが、何杯でも頼める上、違うフレーバーを味わうことが出来、こちらのファンになりました。

私たちの出会いは、ボストンのとあるお稽古から。

沢山いらした生徒の中から、今でもご縁が続いている唯一のクラスメートでもあります。

お互いの手仕事、教えるということ、各国に住まわれた体験談、お料理も得意でいらして、前向きなマダムと話していると、いい刺激を頂戴できます。

ふと漏らされた一言から、次作のアイディアがピカリ✨と閃いたのは、再会のお陰です。


[PR]
# by hana-as426 | 2017-08-12 00:38 | 日本 | Comments(0)

ひつまぶし

いとこ家族が、静岡県清水市までドライブに連れて行ってくれました。
a0161409_19495034.jpg
海が見たいという私の我が儘な一言で、こんな遠くまでありがとう!

その上、取り立てのお刺身が食べられる静岡で、我が儘第2弾は、人生初のひつまぶしが食べたい、と言い張る私。
a0161409_19524615.jpg
清水の老舗、かん吉のひつまぶし、遂にいただけます。

1杯目は、そのまま。
2杯目は、ネギとわさびを入れて。
3杯目は、うな茶としてサラサラと。

う〜〜ん、美味しい。

今まで、味わったことのない鰻の食感。
表はサクサクとして、中身はふわっとしています。

中央に写っているお豆腐も、ただの冷奴ではなく、奥深い味わいの美味しいお豆腐でした。

大満足な1日だったので、今日を最後に、我が儘な親戚にならぬ様、気をつけます🙏


[PR]
# by hana-as426 | 2017-08-11 00:48 | 日本 | Comments(2)

Hawaiian Quilt @ Prince Tower

a0161409_17300415.jpg
a0161409_17302214.jpg
a0161409_17304999.jpg
芝にあるプリンスタワーで開催されている、ハワイアンキルトラウンジへ伺って来ました。

ここのロイヤルミルクティーが、美味しいことを覚えていたので、蜂蜜をたっぷり入れての優雅なひと時でした。

4年ぶりに会った友人とは、韓国コスメの話で盛り上がりながら、1つ1つじっくり観察して来ました。

さすがに細やかで、ひと針ひと針が統一されていて大いに勉強になる空間美でした。



[PR]
# by hana-as426 | 2017-08-10 17:37 | 日本 | Comments(0)

Many Thanks

母の法要を無事に終え、毎日友達や生徒さんと会い続けています。
a0161409_08285758.jpg
これから仏事が続くからと、黒レースの素敵なハンカチをくれた友、これが炎天下の法要時多いに活躍してくれました。

大切に使い続けたいと思います。

今は、いとこの新居に滞在していますが、これが完全独立のワンフロワーなので、快適です🏠
新しい、広めのウィークリーマンションを使っている感覚です。

ピカピカの冷蔵庫の中には、大好物の牛乳、桃、ヨーグルト、アイスクリームも抹茶、バニラなどなど沢山用意して待っていてくれました、

昨日は、生徒さんと待ち合わせをしたのですが、その前に針を調達しようと早めに出かけました。

手芸屋さん情報も、刺繍が趣味の幼馴染が、ラインでその都度情報を送ってくれ、助かりました。

これからも、ずっと大切にしたい私の一生の宝物@🇯🇵


[PR]
# by hana-as426 | 2017-08-08 08:40 | 日本 | Comments(0)

Collection

2000年に、再びボストンへ渡る際、大切な荷物を2箇所に分けて保管し旅立ちました。

10年経った時、更にいらない物を処分し別の場所へまとめる事になりました。

残った中には、振袖、お雛様、子供達のアルバム、ランドセル、結婚式の写真などがありましたが、たった1つ出てこない箱がありました。

それは、仕事で各国を飛んでいた頃、いつか使おうと集めていた洋食器のフルセット達。
1,2を争う、私の大切な箱だけが、見つからなかったのでした。

英国ではウェッジウッド、コぺンハーゲンではロイヤルコペンハーゲン、イタリアではリチャードジノリなど、独身貴族だからこそ揃える事が出来た、宝物。

今では、到底買い揃える事が出来ないCollection。

今回、17年間隠れていた箱が、押入れの奥深くからやっと発見されました。

久しぶりに、表に出る事が出来たCollectionのほんの一部。
a0161409_20465021.jpg
このまま使わず日本に置いておくか、それとも手荷物にして機内へ持ち込むか。

これを持って行ったら、また荷物を増やす事になる、、、
日本へ本帰国する時に、再び連れて帰る事になる、、、

それでも尚、スーツケースを調達し、連れて行く事に決めました🇺🇸

食器は、使うために存在するのだから、先のことより、今を大切にする方を選びました。

30年前にヨーロッパから船旅で日本へ上陸した食器さん達、今更アメリカへ渡る事になるなんて、思ってもいなかった事でしょう。



[PR]
# by hana-as426 | 2017-08-06 00:31 | 日本 | Comments(0)