<   2015年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ワイナリー

最終日は、4年分の荷物を車に詰め込みワイナリーへ??
a0161409_493957.jpg

一人$3で、ワインリストから好きな銘柄6杯、味見が出来ます。
Cayuga Lake沿いに、ワイナリーが点在し、牛やウマを見ながらのドライブは、のどかな風景です。
ワイナリーだけでは、未成年がつまらないので、Taughannock falls state parkで、荘厳な滝を眺め。
a0161409_4171336.jpg

再びワイナリーへ??
ワイン2本をトランクに詰め、フライトタイムギリギリ30分でお寿司を平らげ、空港へ駆けつけたのでした。
a0161409_4203413.jpg

[PR]

by hana-as426 | 2015-05-31 04:22 | 旅行 | Comments(0)

姉妹

学部卒業式、レセプションパーティー、講演会、大学全体の卒業式と盛りだくさんの3日間。
何といっても、ハイライトは最終日大学スタジアムで開催される卒業式。
a0161409_19371916.jpg

妹は、10時間バスに揺られて駆けつけた。

当初、ハイスクールが終わる金曜夕方の航空券を買ってあった。
しかし、日がちかずくと土曜午前まで、演劇発表がある事がわかり。行きの航空券を捨て、帰路便のみ使う変更手数料に$200もかかり??

演劇は、代役がきかないから、決して休む事は出来ない。
よって、土曜講演終了後、バスを2度乗り継ぎ、最終日を見届ける為だけに駆けつけた妹。

そこまでして来なくていいよ〜、と言われながら深夜に到着した妹、当日はカメラマンとして実にいい仕事をしてくれた。
a0161409_19502236.jpg

望遠を駆使し、何千人の中から姉を見つけ、シャッターを切っていく。

家族として、1つ1つを共に過ごし、祝い、大人に成っていく。
かけがえのない姉妹。
[PR]

by hana-as426 | 2015-05-29 19:55 | 旅行 | Comments(0)

ありがとうの重み

長女の大学卒業初日、学部の卒業式では、200名弱の卒業生が名簿順に壇上に上がり、自分の名前を紹介する。
a0161409_415110.jpg

その時、名前だけを言う生徒、両親に感謝を述べる生徒、家族に感謝を述べる生徒、と入り交じっていた。

きっと、名前だけ言うんだろうな、、、と漠然と思っていた。
a0161409_4201634.jpg

名前の後に聞こえて来たのは、ありがとうという感謝の言葉。
卒業生の中、唯一の日本人。
広い会場、多分私達3人以外に日本人はいなかった、と思う。
a0161409_4243867.jpg

カムサムニダ、と言った韓国人卒業生には、他にも同郷が居ただろう。

この中で、ありがとう、という日本語を発してくれた勇気と重みは計り知れないと思う。

小学校2年生で渡米し、ESLに長く通った長女。
私達が、助けた事は、何1つなかったはず。
全て、自分で切り開いて来た長女。

この場を、体験させてくれてありがとう。

これからも、ずっと縁の下の力持ちとして、応援して行こう、と誓った母でした。
[PR]

by hana-as426 | 2015-05-28 04:37 | 旅行 | Comments(0)

雪の中

間もなく帰国するママさん。
ピッタリのタイミングで、小物入れの完成です。
a0161409_23121866.jpg

新居の玄関先に置いて、帰宅した時の鍵や携帯をポンと置いとく様に。
a0161409_2314356.jpg

中のプリント地が見え隠れするのが、素敵です。

Mさんは、零下の寒い日も、雪が降る日も小さなお嬢さんを連れてクラスへお越し下さいました。
マンツーマンだった日もあります。

途中に出産もはさみ、5個の作品を完成させた情熱を、とてもありがたいと思っています。
[PR]

by hana-as426 | 2015-05-20 00:10 | 生徒さんの作品 | Comments(0)

いつまでも

ボストンでクラスを開いて11年、何人の生徒さんと巡り会って来たのでしょう。
一人一人残らず、面影を思い浮かべる事が出来ます。

そして、今でもお便りや出来上がった作品の写真を送って下さる生徒さん達。
a0161409_511124.jpg

個性的なデザインのパンの木デザイン。

Mさんは、クラスの最後の作品もパンの木を作って帰国なさいました。
彼女も、歴代Top3にランクインする優秀な生徒さんです。

沢山の作品を、器用に丁寧に作り上げていました。
6月からは、お仕事も再開なさるとの事。
お子さんが、中学に上がるのを待ってのリスタートです。

私は、それを聞いてとても嬉しく思いました。

パンの木の語源は、繁栄と繋がり。
その名の通り、これからも益々ご活躍なさって、これからも末永く、ご連絡を取り合えます様に。
[PR]

by hana-as426 | 2015-05-19 05:20 | 生徒さんの作品 | Comments(0)

新しいお楽しみ

私は、以前から賑やかな街中を歩くより、俗にいう高級住宅街をウォーキングするのが好きです??
a0161409_2062595.jpg

その理由は、家人のセンスが楽しめるから。

Red sox ,Patriotsが優勝した時には、チームの旗が、Easter,Thanksgiving 、Holiday seasonには、その時々のリースや、置物で玄関、お庭などを彩っています。

特にオシャレだなと思うのは、外の人たちを楽しませる為に窓際に置かれた花瓶や、ガラスのオブジェ。

置き方から、家人ではなく道行く人々を楽しませてくれている事がわかります。

更にこの頃、目覚めたのはガーデニング。
a0161409_20152093.jpg


a0161409_2035756.jpg

このお宅は、庭師さんが入ってちゃんとカットしているのが、わかります。
a0161409_20162592.jpg

こちらも、傾斜を活用して可愛らしく、春のお花を植えています。
a0161409_2024189.jpg

つつじを奥に、手前はパンジーとチューリップを植えて彩りを添えています。

お庭にセンスが光るお宅は、家周りもとてもスッキリ片づいており、その反対にお庭が荒れているお宅は、すさんだ印象を与えます。

高級住宅街と呼ばれる通りは、どの家も手を掛けて雰囲気作りをしている事が、よくわかります。

生花は、切らした事がない程の??好きですが、ガーデニングは未知の世界なので、この夏から試行錯誤で始めてみる事も、目下のお楽しみの1つです。
[PR]

by hana-as426 | 2015-05-17 20:36 | ボストン | Comments(0)

Blanket from Mom

3才の息子さんへのブランケットが、出来上がりました。
a0161409_529311.jpg

子供って、小さい時から大切にしているタオルやぬいぐるみやガーゼってありますよね。
それに触ると安心して寝つけるみたいな。

ぼくにとって、それがブランケットで、もうクタクタにくたびれていたそうで、ママが新しい宝物を作ってあげました。

一緒に寝つく時も、ブランケットにお話しているときがあるんですって??

出来上がりの写真を送って下さった時も、”お古は卒業出来ましたか”という質問の返信は、2枚重ねてお昼寝しています、という微笑ましい文面でした。

周りと裏に使ったプリント地は、ブルー系の楽器が入った生地というリクエストに答え、ハワイで探して来ました。

大きくなっても、絶対大切に持っていてね。 by Mせんせい
[PR]

by hana-as426 | 2015-05-15 05:39 | 生徒さんの作品 | Comments(0)

伝説の生徒さん

昨年帰国したCさんから、ひまわりタペストリーの途中経過報告が届きました。
Cさんは、ズバリ伝説の生徒さん。

新しい生徒さんが入って来ると、Cさんていう生徒さんがいてね。その方は、作るのが早くて丁寧で沢山作って帰って行ったの、と隣に座った生徒さんが語りだす伝説のお方です。
a0161409_224260.jpg

ひまわり中央のキルティングが、入るとひまわり感がぐっと増しますね。
a0161409_2253863.jpg

等間隔のエコーイングの素晴らしい事。

糸も、白ではなく数色入りを使っているので、よりはっきり見えます。
これは、Cさんオリジナルのセンスがピカリ✨です。
a0161409_2272396.jpg

全体像は、この様な雰囲気。
きっと、すぐ仕上がりのお便りが届く事でしょう。

伝説の生徒さんが、誕生した事を私も誇りに思っています。
[PR]

by hana-as426 | 2015-05-13 22:13 | 生徒さんの作品 | Comments(0)

カウントダウン

今朝の朝食風景。
a0161409_454330.jpg

私が、勝手に名づけた”フルーツ三昧”とバナナブレッド。
旅行から帰って来た翌朝とか、冷蔵庫を開けながら”今朝は、フルーツ三昧しましょ”と、ブツブツ言いながら支度をする定番メニュー。

バナナブレッドは、昨晩末娘が、持って帰って来たもの。
彼女は、外で友達と何かを食べた時、必ずと言っていい程、私に持ち帰ってくれます。
それは、量が多いからか、一口食べて欲しい、という思いからなのか、未だに聞いておりません。

この軽めの朝食は、ジムへ行く前だから??
今日も、このクラスへあと、何回来れるのかな、としんみり数えちゃいました。
9年程通ったジムも、今月一杯で退会です。

始めた事は、必ず終わりがやって来るという事を、しみじみ感じてる今日この頃。

終わりじゃない!いつか来れるし、又見れるし、気楽に考えよう、と天使か悪魔か分からない、ささやきに、かろうじて救われています。
[PR]

by hana-as426 | 2015-05-13 04:20 | ボストン | Comments(0)

真剣勝負

自分の衣装だけに、一生懸命になっている訳ではありません。
ずっと、手つかずだった末娘のプロムドレスの裾上げ。
a0161409_5412821.jpg

10センチの裾上げ。クリーニング屋のおばさんに頼めば、ミシンでガガーと仕上げてくれますが。

針仕事を外注するのも、何だかな〜
失敗は、許されないけれど、挑戦してみましょう。
a0161409_5452029.jpg

いつになく、真剣な数十分、無事終了。
つれもなく、均等にふわりと出来上がりました??
あとは、本番を迎えるのみ。
[PR]

by hana-as426 | 2015-05-12 05:48 | ボストン | Comments(0)