ボストン@ハワイアンキルト

myhawaii.exblog.jp

ハワイアンキルトをあなたと

ブログトップ

<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Venice

出港地、ベニスに着きました。
a0161409_1405543.jpg

船の上からの写真投稿が、難しいので詳しくは、後日にゆっくりと。
今日は、イタリアからギリシャに入り、オリンピック発祥地カタコロンを訪ねます。
[PR]
by hana-as426 | 2013-05-28 14:05 | 旅行 | Comments(2)

行って来ます

準備も整いましたので、行って来ます。

夏は白、これが私のこだわりです。
a0161409_22281127.jpg


ほとんど四半世紀ぶりの2人で過ごす10日間。
連れのしゃべりにつかれたときは、ぼ〜と海を眺めてパワーをもらって来ます。

何かと、忙しい5月6月、皆さんもお元気で??
[PR]
by hana-as426 | 2013-05-24 22:34 | 旅行 | Comments(2)

特大

旅行プランを練り始めた時、1番最初に考えたのは日程。
留守にする10日間、末娘だけを留守番させるのは、何か心配で楽しめなそうなので、早速長女に相談。

夏休みに入り、こちらに戻れそうな5月下旬にした訳です。何せ、初秋の頃、長女自身の夏の予定がはっきりしていない段階でした。
その後、この夏は、NYでSummer jobを8週間することになり、本当は継続して8週行いたい所、わざわざこの10日間の為に帰って来てくれます。

その上、飛行機で帰って来たら?と提案しても、もったいないからと片道8時間バスに揺られて戻ります。
いくら若くとも、バスで帰った翌日には、膝が痛いという位だから、疲れる事でしょう。

いつもなら和食の為に戻るのに、今回は私とは2日しか重なりません。
何が食べたい?と聞いたら、⬇との回答が。
a0161409_2143130.jpg

奮発して、特大を買いました。

今頃、バスに揺られている事でしょう。ありがとうね、わざわざ帰ってくれて、夕方迎えに行くの楽しみにしてる。
[PR]
by hana-as426 | 2013-05-22 21:01 | ボストン | Comments(3)

Alewife class

1月からスタートした、出張クラスは和気あいあいとした笑いの絶えない和やかムードです。
今回、第一号お見送り生徒さんの誕生です。
a0161409_2236361.jpg

お手製のお団子まで、作ってくれていました〜〜

ところが、主役が朝から発熱し残念な事に、おしゃべりランチに変貌を遂げました。
風邪が流行っている様なので、皆さんもお気をつけ下さい。

かくいう私も、この前滞在の息子君が大風邪で、何か喉が痛い様な、、、、置き土産??
金曜出発だっていうのに、絶対気合いで治します??
[PR]
by hana-as426 | 2013-05-21 22:43 | ボストン | Comments(0)

お楽しみ

娘が、サッカー審判のアルバイトをしている2時間の間は、生徒さんの生地を選びに行ったり、食品の買い出しをしたりしている土曜の夕方。

この所、習慣になりつつあるほっと一息の危ない誘惑。
a0161409_21551071.jpg

娘は、走り回って働いているというのに、呑気なかーさんはアイスを頬張り肥えるのみ。
a0161409_2204171.jpg

母の日に頂いたお花達、1週間経つというのに、送り主同様元気一杯に咲き誇り嬉しいわ。

1週間滞在した息子君、このご恩は一生忘れません、と名言を残し次の滞在先へ。
すかさず、絶対立派になってよ!!とはっぱをかけた所。

今に、ハワイに別荘を建ててご招待します、と。
彼なら、やるな??
老後の訪問先、1つゲット、お楽しみが増えました。
[PR]
by hana-as426 | 2013-05-19 22:09 | ボストン | Comments(2)

Prom season

今年のProm partyは、6/3。
娘の友人は、卒業生にパーティー同伴を誘われ、行こうかどうしようか娘と電話で話している声が丸聞こえ。

楽しそうでいいな。
今年のパーティーは、月曜だからキツイのはわかるわかる。
夜中まで続いて、次の日から1週間普通の授業が待ってるもんね。
迎えに行く親もたまらないけど、いい機会だから行っちゃえば?
a0161409_714677.jpg

ヤシの木のアップリケが、半分終わりそうです。
ゆっくりペースですが、のんびり出来る日に進めています。
[PR]
by hana-as426 | 2013-05-19 00:25 | ボストン | Comments(0)

ひと休み

いくら和食がよくても、たまにはアメリカンも味わって欲しいので、今日はど〜んとお肉です。
a0161409_22115545.jpg

StockyardのPrime rib=海外からのお客さんをご案内する我が家のイチ押し店です。

スポーツバーカウンターがあり、適度に騒々しくそしてお料理がアメリカンサイズ。
アメリカを味わう、もってこいのお店です。
経営者が変わって、しばらくお休みが続いた時には、あ〜あのプライムリブをもう1度食べておけばよかったなとガッカリ。

再開してからも、プライムリブがメニューにあったのでよかった〜〜と楽しみにしていましたが、う〜ん前の方が美味しい。
でも、夫は前より美味しいって思ったそうです。ちがう牛だったのかな?
食事中に、それを言ってはNGと思って言わなかったけれど、早く言って夫のも味わってみればよかったな。

16オンスは、とても食べきれずお持ち帰りになりましたが、今晩はカレーにしようかハヤシライスにしようか、炒めたお肉とタマネギのいい香りが漂っています。賄いは、つづく、、、
[PR]
by hana-as426 | 2013-05-17 22:26 | ボストン | Comments(0)

作り甲斐

ファンだったNさんが、帰国する事になり最後のケーキをオーダーしました。
最後に食べたいと思ったのは、紅茶のシフォンケーキ。
箱を開けた瞬間に、アールグレーの香りが漂います。
a0161409_2211536.jpg

家まで運んでくれるのですが、今まで世間話をした事がありません。

でも、最後にどうしてもどんなにファンだったかお伝えしたくて到着を今か今かと待っていました。
途中、娘の送りが入り、この間に届いちゃったら残念だなと大急ぎで帰って来たりして。

そして、何処へ帰るのか、どうして帰るのか、ボストンには一杯待っているお客さんがいるから、帰って来て下さいね、という思いを伝える事が出来ました。

さて、話は変わって、滞在中の息子君。
来る前は、何処に連れて行ったらいいかな?美術館かな?フェンウェイかな?お土産も買うのかな?と計画を立てていたおばさん。

彼の希望は、毎日MGHへ行きます、と。
う、真面目。

食についても、ピザいやバーガー、ロブスターとステーキもと、思いを巡らせていたのに。
彼が、とっても嬉しそうな笑顔を見せてくれるのは、和食。
6年間一人暮らしをしているから、和食が1番なんですって、わかるわかるその気持ち。

いつもの朝は、ベーグル、ヨーグルト、フルーツなど軽い我が家。
朝から、焼き魚とまではいきませんが、がっつり具沢山お味噌汁、卵焼き、納豆、のり、枝豆、グレープフルーツ、そして昨晩のおでんまで出しちゃって、喜ぶ顔を見るのが嬉しいおばさん。

さこれから、夕飯のサバの塩焼き、カボチャの煮付け、お味噌汁の具と、あと1品何にしようかな?と
寮のおばさんweekです。
[PR]
by hana-as426 | 2013-05-16 22:27 | ボストン | Comments(0)

Walden Pond

末娘のサッカーシーズン到来と共に、日曜の郊外ドライブの再開です。
今週は、Concordだったので、娘のサッカー観戦は失礼して、近くのWalden pondへ行って来ました。
a0161409_22163356.jpg

得意の20年ぶりの再訪になります。

4歳の息子は、ここで忍者戦隊カクレンジャーごっこを、妹組の長女は、砂遊びをして1日遊んでいたものです。

あの頃、私は運転もままならず、いつも友人のお世話になりっぱなしでした。
それが、今や娘の試合はそっちのけで一人で好きな所へ行っちゃう、変な母へと変貌を遂げました。

でも、私は子供Love期は通り過ぎ、本物の空の巣になる2年後の準備段階だと思って、気の向くままに
行きたい所へ出向いています。
a0161409_2228574.jpg

少しだけビーチにいる様な気分になれる、この湖おすすめですよ。

私は、本を読んでいましたが、1周歩いてもかなりの距離があるし、低学年のチビちゃんまでなら水遊びや、砂で1日ゆっくり遊べます。
[PR]
by hana-as426 | 2013-05-15 00:01 | ボストン | Comments(4)

息子の様な

又、空港へ来ています。
a0161409_3281252.jpg

今から20年前、皆が30代そこそこの留学生だった頃の友人の息子さんを迎えに。

私が、アメリカのアパートに来て、最初にご挨拶に伺ったお家、それが彼のご家族で、何故か仙台の笹かまぼこを持参したあの日を鮮明に覚えています。

その後も、NHやディズニーワールドに家族ぐるみで出かけ、当時新入りの我が家はお世話してもらうばかりでした。

それから、時は流れ。

友人息子君、医学部6年生になり、MGHに研修に来ました。
空港から、かつてのアパートや、MGHやよく一緒に行ったサイエンスミュージアムを案内しながら不思議な気持ちになりました。

あの時、若い父達が留学していてあっと言う間に20年が経ち、息子君が研修に来るとは、、、
彼のお母さんは、帰国後病院長として働きながら、3人の子供を育て超多忙です。
それなのに、年2〜3回は必ず日本の銘菓や食材を送って下さいます。

100人近く見送って来た中には、帰った年、次の年にこちらで助かりそうな品を送って下さる方もいらっしゃいます。

でも20年間、かかさず送ってくれたのは彼女だけです。
そもそも、送るという行動に私は頭が下がります。
梱包し郵便局へ行き、税関書類を書き、私には絶対出来なそうです。
 
我が家に泊まる1週間、出来るだけの事をして、息子君へ恩返ししようと思っています。
いつかアメリカへ来たいと言っている彼が、MGHに留学でもしたら、タイムマシンに乗ってる様な錯覚をしそうです、おばさんは。
[PR]
by hana-as426 | 2013-05-14 00:00 | ボストン | Comments(0)