<   2012年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

娘から

ここ数日、夕飯がお楽しみじゃないなって感じていたのは。

娘と2人でダイエット中だから。
サッカーシーズンを迎え、身体がある程度軽くないと負担になると痛感している娘は、本気モード。

定番は、玄米に野菜そしてチキン。
油を使わず、チキン両面に焦げ目をつけ、ろく助の美味しいお塩をかけ、レモンを搾る。
あるいは、白身魚か焼き魚。

何かこのごろ夕飯に変化がないなって、娘にカミングアウトしたら。

ある日の夕飯は、娘が作ってくれました。その名も、Mediterranean-Style Beef Stir-Fry。
a0161409_11321981.jpg

いつもの玄米もま〜るく型取られ、一杯の野菜と生のパルメジャンチーズまでトッピングしてあるイタリアンな味。カボチャの煮物も添えられています。

本当は、小さい時からこういう風にワンプレートにして欲しかったんだって。
私は、大皿にバンバンと載せてテーブル一杯にするのが好きなたちで。(いわゆる中華料理風)

作っている間も、好きなことしていてと、台所への出入り禁止。

いや〜夕飯の支度がないって気楽だわ。
もし、毎日がこうだったら、何をしていいかわからない程の開放感だと思う。

気楽な夜と、美味しいお料理ごちそうさま。
[PR]

by hana-as426 | 2012-08-31 22:09 | ボストン | Comments(4)  

From San diego

サンディエゴに行っている夫から、写メが届きました。
a0161409_2272390.jpg

牡蠣にかかっているソースが、美味しいよとのこと。

どちらかと言えば日本食よりアメリカン好みの夫。この前日は、ホテルで一人ハンバーガーを食べてる写メが送られて来ました。

日本人だからという理由で、仕事先ではわざわざ日本食を用意して下さる事が多いそうです。

この日も、やんわりお断りしたのに、美味しいからと連れて行かれたお店。
a0161409_2213976.jpg

しかし、このお刺身も絶品だったそうです。今まで行った各州、各国の日本食やさんで、ここがナンバー1だと絶賛。

仕事の出先からでも、食事や機内の事など私にとっては、たいして重大でもない事を連絡して来るので、私はカウンセラーだなと密かに思いながら、あいずちを打っています。

聞いてあげる事によって、元気に働いてくれればいいかなと。
そんな気持ちで聞いているので、このお店の名前がShougunだったかSamuraiだったか覚えていません。

今回は、ボストンを空けられない用事があったので一緒に行けませんでしたが、次回は絶対に行こうと思っています。Candy Leiさん、その時は久しぶりにお目にかかりましょうね。
[PR]

by hana-as426 | 2012-08-29 22:29 | Comments(2)  

残暑お見舞い申し上げます

恥ずかしながら、一針も進まなかったハイビスカスクッション。

只今、落としキルトを進行中です。
a0161409_23283229.jpg

緑の亀ちゃんは、恐る恐る”忙しそうだけど、お願い出来る??”と頼まれた、いとこの為に。

みなさん、長い夏休みもあと一息です。私も、新学期の準備を始めました。

元気に進みましょう。
[PR]

by hana-as426 | 2012-08-27 23:34 | ボストン | Comments(2)  

歩け歩け

a0161409_9463872.jpg

日本での暴飲暴食がたたり、玄米にしようと野菜ジュースを飲もうと微動だにしないお肉。歩く事にしました、それも早朝に。
a0161409_9492188.jpg

朝7時前のGreen Line。時々映る風景が、懐かしいというお言葉を日本で頂いたので、今日は大放出。

小鳥のさえずりを聞きながら、奇麗なお花と深い緑を求めて歩け歩け。
a0161409_9553162.jpg

Thanksgivingに頂くターキーに出会い。
又、ある朝は野うさぎにも出会い、見つけられるかな?写真中央、茶色で同化してしまっています。
a0161409_9573453.jpg

ジョンFケネディーの生家を横切り。
a0161409_9593649.jpg

かつて、遠足の付き添いで来た事もあるここは、さて何処でしょう?
a0161409_1013870.jpg

ここが、わかればこの町の通ですね。
a0161409_10343.jpg

そばには、こんな素敵な花壇もあります。

1時間歩いた後の今朝のジュースは、グレープフルーツ、パイナップル、バナナそしてこの不気味な色は、きな粉です。骨の為にね。
a0161409_10143239.jpg


新学期まで、後2週間。
ずっと続けたい歩け歩けだけれど、学校が始まると早朝はちょっと無理かな、慌ただしくて。
a0161409_10101212.jpg

秋は、確実に近づいています。
[PR]

by hana-as426 | 2012-08-27 10:15 | ボストン | Comments(2)  

I love hawaii❤

夏休みの間に頑張ったAちゃんから、バックの出来上がり写真が届きました。
a0161409_21263843.jpg

涼という言葉が思い浮かぶ涼しげな作品です。

夏休み前に、持ち手の付け方と内布の処理を説明しただけなので、ほとんど独学でこの完成度、凄すぎです。
a0161409_21301712.jpg

内ポケットは、ファスナー付きで、私も作った事のない未知の世界なので、今度ゆっくり見せて頂きましょう。

次回作は、キングサイズベットカバー。
ゆっくり、たのしみながら仕上げて行って下さい。私も、楽しませて頂きます。

2ヶ月ぶりに会ったEちゃん、何と夏休みにハワイに行って来たんですって!
そして、頂いたお土産。
a0161409_21371776.jpg

飾っておくだけで、明るい気持ちになれるレインボーカラー。

1つ1つ個装された袋には、ハイビスカスが描かれています。
ず〜と飾っておきたくなっちゃいます、ありがとうEちゃん。
[PR]

by hana-as426 | 2012-08-23 21:41 | ボストン | Comments(0)  

2度目のお別れ

始まりは、夫関係で知り合ったFちゃん。

いつの間にか、そんな事は飛び越えて、色々な所へ行ったり、食べたり、笑ったり泣いたり永い間ありがとう。

5年以上前に、1度お見送りをした事があったね、日本に帰ってからの夏休みも、こちらに遊びに来たときは訪ねてくれたっけ、今度こそ本当のお見送りになるのかな。
a0161409_2151334.jpg

送別会の後に下さったハワイアンプリント生地。日本で求めた著名作家の高価な生地。

私は、この生地を独り占めしようと思います。
何故なら、もしかしたら彼女の次の作品候補だった気がするから。

今まで、何十人もしかしたら百人以上、お見送りをして来た中で、目の回る忙しさの中、便せん4枚に想いを綴ってくれたのは、Fちゃんが初めてです。それだけで十分ありがたいです。

まだ言ってなかった感謝を伝えたいです。
17歳も年が違うのに、今まで仲良くしてくれてありがとう、私はいつも感謝しています。
[PR]

by hana-as426 | 2012-08-18 21:21 | ボストン | Comments(0)  

暑い

ボストンのこの時期、こんなに暑かったかな?
すっかり日本体質になって暑いのは、私だけ?

てな訳で、今日のお昼は冷麺。
a0161409_84744.jpg

でも、食べたかった味と違う。

飛豚の冷麺、食べたいな。絶品!!
[PR]

by hana-as426 | 2012-08-17 08:50 | 日本 | Comments(2)  

日常生活

3ヶ月間、共に過ごした長女が大学へ帰りました。
a0161409_21345784.jpg

今朝、早速新しいお部屋をFace timeで案内してくれました。
離れて暮らしていても、心の中で繋がっているから大丈夫です。

土曜日に戻ってから、休む間もなく末娘のサッカー送迎と、プリキュアちゃんとの遊びが待っています。
a0161409_21383318.jpg

Summer schoolから戻り、ひと月分の日本のテレビを鑑賞中です。

2年前までは、帰国するとどんよりと日本を引きずり、最悪の精神状態だったこの時期。

今年は、何故か違います。

毎年同様、時差で夜中の3時に起きようとも、気持ちに張りがあります。というか、やらなけれなならない事が帰国後すぐにあったからか、おかげさまで元気にしています。
[PR]

by hana-as426 | 2012-08-15 21:48 | ボストン | Comments(2)  

ただいま

ボストンに戻りました。
a0161409_22134649.jpg

この夏、印象に残ったことは、1年に1回逢う友人達の事。
 
似た様なカテゴリーに属さない友人達との再会も楽しかった。

適齢期に結婚し、子供をもうけ離婚。
数年前に再婚した相手は、年上で既に引退していて家にいるパターン。
総じて資産家、そして先妻との間に30代の子供がいる事が何故か共通している。

もう1つのパターン。
業界では名が通ったバリバリのキャリアウーマン。
結婚相手は、一回りいやそれ以上の年の差婚。彼は、これから30年は働いてくれそうな勢い。

自分が経験して来なかった話を聞いているのは、話について行けず聞き役になる事が多いけれど、それはそれで、刺激的。

どんなカテゴリーの生き方も肯定する柔軟性をずっと持って行きたいと思っている。

別れた後でも気にかかる陰のある表情、毎年変わらず幸せそうだなって伝わってくる明るい顔、その二極化が進んだ様な気がしたこの夏。

幸せか、不安定かはっきりと雰囲気に出てしまうお年頃なのだろうか。
[PR]

by hana-as426 | 2012-08-12 22:47 | ボストン | Comments(2)  

一周忌

私の夏は、この為に。
a0161409_18193547.jpg

1年の間、今まで包み隠されていた事を1つ1つ気づかせてくれた母。

この節目は、残された人々には大きい。

1番険しい山を乗り越えたからもう大丈夫、母のいない日本を受け入れる事が出来たから、もう大丈夫。
[PR]

by hana-as426 | 2012-08-08 18:31 | 日本 | Comments(2)