ボストン@ハワイアンキルト

myhawaii.exblog.jp

ハワイアンキルトをあなたと

ブログトップ

<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

反抗期

アレ、いつの間にか終わったかも、と気づいたのは春になってから。

1番吹き荒れていたのは、昨年10月頃。

ハイスクールに入り、全速力の毎日、常にピーンと糸を張り詰めている状態の末娘。

サッカー部の入部テスト後、Freshman(1年生)の中から上級生チームに上がり、勉強面でも選抜クラスの難問を抱え、夜はテコンドー晩秋にはダブルダッチも加わりフル回転の毎日。

かたや、私は長女の独立と、母の喪失感を抱え、目隠しをしながら綱渡りをしている様な病み状態。

お互い、触られたらバランスを崩す2人が上手く行くはずもなく、涙を流しながらなじり合った事も。

今思えば、お互い自分の事で精一杯、そしていつも兄姉がいたから一対一に慣れてなかったね。
a0161409_1451083.jpg

この頃では、海が見たいという私に付き合ってくれる休日も。
素敵な風景と美味しい食事は、今まで聞いたことない話も聞き出せる貴重なひと時。

たまには、こんな時間も。
a0161409_1484497.jpg

やらせてと言うので、簡単じゃないわよ~と見本を見せたら、スイスイと。
アレレ、そんな簡単じゃない筈なのに、テコンドークラスで人の振りをみて覚えるトレーニングに慣れているからか、
2目、3目すくいにもすぐ挑戦。

そして、また1つ忙しくなりました。
a0161409_1542666.jpg

サッカーの審判のアルバイト。

高校時代、
長男は、小学校低学年のわんぱくハーフ兄弟の日本語学校宿題を見る家庭教師(ママの希望は、日本語維持)

長女は、母校の算数宿題クラスヘルパーと中学生2人の数学家庭教師

末娘は、審判トレーニングを受けた後、晴れて審判デビュー

それぞれ自分で、その子らしいアルバイトを見つけてくるから不思議ですね。
[PR]
by hana-as426 | 2012-04-30 02:36 | ボストン | Comments(4)

ぞくぞくと

春らしい色合いのMさんのクッションが、出来上がりました。
a0161409_3573479.jpg

5作目にして、初めてご自分の為に作ったMさんのイメージ通りの作品です。
綺麗な物、かわいい物を見るのが大好きなMさんらしいクッションです。

次の作品を選んでいる時って、何とも言えない幸せなひと時です。
色やデザインを迷っている最中には、なるべく何も言わない様心がけています。

私の中には、その方のイメージや色の好みが分かっていて、迷っているとき、この方ならこっちが合ってるなと思っても、それを口に出すと、純粋に作りたい次回作を選べなくなるから、黙りに徹します。

木曜クラスでは、Hさんのファーストキルトが出来上がりました。
a0161409_46438.jpg

次回作は、マットな色合いがお好みのHさんらしく白布にベージュを合わせたハイビスカスのクッションです。

5月に出来上がりそうな作品が、片手では数え切れないほど待機中で、それだけ沢山の楽しみが待っています。
a0161409_4113174.jpg

私は、やっと海のキルティングの終わりが見えてきました。
次は空、これが又果てしなく広いです。
[PR]
by hana-as426 | 2012-04-27 04:15 | 生徒さんの作品 | Comments(2)

寮生活

トイレとシャワー共有、常にドアの外を誰かが歩いている感じ。
今の私には、とても出来ないなこの生活。

それが長女の寮を訪れた第一印象でした。

ところが仲間のサプライズパーティーを体験した瞬間、この数年は娘にとって、かけがえのない時になるなって直感しました。
a0161409_7281671.jpg

その日は、夜半から友人達がドアにメッセージを書き、飾り付けをして行きます。
a0161409_7294780.jpg

バ―スデ―ケーキは、もちろん手作りで材料は、寄せ集めでした。ちなみに娘は、卵担当。
この男女関係なく、仲がいい姿が好きです。
a0161409_7311495.jpg

夜中の12時、18歳なった瞬間、寮の仲良しでノックノックそしてHappy Birthday★★の突入です。

この後、延々と大騒ぎは続き、早朝便だった私は、ほとんど徹夜になったのは言うまでもありません。

アメリカの寮生活を体験できたのは、私にとっても、数年後に大学進学を控えた末娘にとっても、大きな一歩だった事でしょう。
a0161409_7355619.jpg

今時、珍しいタラップ使用で機内へと、久々のプロペラ機。
天候次第でキャンセルになるのも、これを見て納得出来ました。

9月からは、仲良し5人でリビング、バス、トイレを共有する個室住まいへと引っ越しです。
紅葉の美しい頃にでも、お邪魔して来ましょう。

行って見てきてよかった、それが私の想いです。
[PR]
by hana-as426 | 2012-04-24 07:52 | 旅行 | Comments(0)

アメリカの大学

大学訪問の第一印象は、空気がキレイそして、みんなよく勉強してる事。

小さい時は遊んで、上にあがるほど勉強をする国=アメリカという話は、本当でした!
a0161409_22595598.jpg

a0161409_2303445.jpg

ハリーポッターの世界、古くはロミオとジュリエットの様な建物が本当に素敵。
a0161409_232929.jpg

a0161409_2324252.jpg

とにかく広くて、重いテキストを担ぎながら毎日歩きまわるキャンパス生活は、足腰がかなり鍛えられます。
見渡す風景、すべてキャンパスです。
a0161409_2355948.jpg
a0161409_2363076.jpg

わざわざナイアガラに行かなくてもよさそうな滝まである敷地内。

図書館やカフェでも、コツコツ勉強している姿を見ていると、全て自己管理の自立人の厳しさが伝わって来ます。
a0161409_23142549.jpg

ホテル学科が有名なこの大学は、構内にホテルもあり卒業生の就職は、マリオット、ヒルトン、ウェスティンなど。
a0161409_23174460.jpg

卒業生から寄贈された美術館も、無料で見ごたえがあり、同窓会の絆を感じます。
[PR]
by hana-as426 | 2012-04-20 23:21 | 旅行 | Comments(2)

First visit

こちらは、April vacationに入り1週間のお休みです。そして今日は、ボストンマラソンの日でもあります。

私はというと↓の差し入れを持って、長女の大学と寮に初訪問して来ます。
a0161409_2210645.jpg

どこの大学に進んだか聞かれる度に、広大なキャンパスが素晴らしいとか、小高い丘の上のとか、道すがらの釣りがとか言われながらも行った事のない私は。。。。のままで、会話にもならず。

さすがにしびれを切らして行って来ます。

早いもので来月には、一人部屋とお別れをし新しい学年に進むので、その前に。

決まった時大喜びをした一人部屋訪問、歴史あるキャンパス、全米屈指のカフェテリア(学食)でのランチなど興味深々の出発です。

果たして、たどり着けるか?イイエ今回は晴天だから大丈夫な事を祈って★
[PR]
by hana-as426 | 2012-04-16 22:34 | 旅行 | Comments(5)
たいそうなタイトルにしてしまいましたが、小学校4年生まで子供達を育てた日本の様子と、ボストンの違いを感じたままに。

2度目の渡米をした時、小学校5年生になっていた長男を救ってくれたのは、サッカーの存在でした。
言葉が通じなくとも、ボール1つが友達作りのかけ橋になってくれたものです。

野球でもサッカーでも、グループ競技であれば尚更、友達の輪を広げる絶好のチャンスでした。

当時、小学校2年生の長女も、こちらでサッカーを始めたのですが、日本でそれを言うと驚かれたものでした。

今でこそ、なでしこジャパンの活躍が華々しく取り上げられていますが、その頃日本へ帰国した同級生は女子サッカーチームを見つけるのに手間取り、遠くまで通うのが大変と嘆いていました。

こちらは、スポーツ面においても男女平等に育ちます。
女の子だから出来ない競技は、多分ないのではないでしょうか。

その代わり、こちらで育つと出来なくなる可能性のスポーツが存在する事に、渡米後しばらくしてから気づきました。

水泳、縄跳び、跳び箱、鉄棒、自転車など。

水泳と、鉄棒は学校や公園にないので、スイミングクラブへ通わないと泳げない子に育つ可能性大です。
そして、何故か水泳は冬のスポーツになっています。

鉄棒も、小学校入学を控え帰国した長男の逆上がりの特訓をした体験済みなので。

縄跳びや、跳び箱も日本の学校の様に盛んではないので、そういった機会を作らない限り苦手になってしまう事でしょう。
a0161409_8143090.jpg


自転車もしかり。
日本の様に、小学校1年から自転車で友達の家へ遊びに行く機会は、皆無です。
自動車社会なので、これも気をつけないと乗れないまま大きくなってしまいます。

あくまで主観ですが、帰国を控えたママさんに聞かれた場合は、上記を気をつけてあげてねと伝えています。
a0161409_818620.jpg

[PR]
by hana-as426 | 2012-04-13 08:53 | ボストン | Comments(2)

果てしなき道のり

a0161409_737267.jpg

エコーイングキルトに進んだら、ぐっと波の動きが出て来ました。
波は、まだ3分の1。

その次は、空へと。
a0161409_7381384.jpg

Lanikaiの塔は、均等な横線で高さが出る様に。

波も空も埋め尽くした後のバランスを見てから、逆向きの横線を入れてクロスにしようかどうか決めるつもりです。

まだまだ、先が長い。
大丈夫、夏休みまで2カ月あるからね。
[PR]
by hana-as426 | 2012-04-06 07:44 | ボストン | Comments(0)

ブックカバー

お嬢さんへのお誕生日プレゼントのブックカバーが出来上がりました。
a0161409_0533365.jpg

小さいイルカのアップリケは、非常に難しいですがとても上手に出来ています。

モチーフの縫いしろを少しでも、多めに折り込んでしまうと可愛いイルカがサメになってしまう危険性大なんです。
 
波の渦巻きも、小さな布に型取るのは難しかった事でしょう。
a0161409_0582980.jpg

内側に使ったハワイアンプリント地は、鮮やかな水色で明るいお嬢さんのイメージそのものです。

細いしおりもベルトも手作りで、大変手の込んだプレゼントを頂いたお嬢さん、幸せですね。

次は、ご自身のバックを作るそうです。
何色のどんなデザインにするのかな?私のたのしみでもあります。
[PR]
by hana-as426 | 2012-04-03 01:11 | 生徒さんの作品 | Comments(0)