ハワイアンキルトをあなたと


by hana-as426

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

レッスンのお問い合わせ

フォロー中のブログ

handvaerker ...

外部リンク

最新の記事

気分転換
at 2017-09-22 08:55
Long time no s..
at 2017-09-20 01:36
修行
at 2017-09-15 21:51
Such a wonderf..
at 2017-09-14 03:23
Back to school
at 2017-09-12 00:57

最新のコメント

まさか、それはないでしょ!
by hana-as426 at 06:23
私かしら?(>人<;)
by 優駿 at 08:26
> 優駿さん さあ、誰..
by hana-as426 at 22:34
それは遊び疲れではなくて..
by 優駿 at 08:16
本当に、いろいろありがと..
by hana-as426 at 17:26
大丈夫 頑固や理不尽で..
by 優駿 at 18:27
> 優駿さん ありがと..
by hana-as426 at 20:52
誇りに思います次女 う..
by 優駿 at 21:01
> erika-mama..
by hana-as426 at 03:26
大変にご無沙汰しておりま..
by erika-mama at 21:24

カテゴリ

ボストン
NJ
ニューヨーク
日本
生徒さんの作品
レッスン風景
旅行

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ハンドメイド

画像一覧

<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

メッセージ

初めて訪れる長女の大学と一人部屋、どんな生活をしてるのかなとたのしみにしていたParent's weekend。
それなのに家にいます。

ボストンから乗り継ぎ地まで1時間強、そして目的地まで1時間強のフライト、バスでは7時間の距離になります。
朝8時に家を出て、乗り継ぎ地正午着。ここまでは順調でした。

その後、機体のメンテナンスでゲート待機4時間、いつ搭乗になるかわからないのでゲートを離れる事も出来ません。
そうこうしてるうちに、雪が降り始めキャンセル便が出始める頃には不吉な予感が、、、。

そして非情なキャンセルのアナウンスが流れ、その後の再発券にサービスデスクに並ぶ事2時間。キャンセル便の対応で空港は人人人。

結局次の便もスタンバイになる事、ボストン行きも明朝しかない事を言われた時には、空港での初お泊まりも覚悟済み。しかし、無愛想ながら仕事の出来るお姉さんの一声”Hold on"。

何と、2時間出発が遅れてる今夜のボストン便を見つけてくれた!!!!そして、またゲートまで猛ダッシュ。

部屋を奇麗に整え、シーツまで洗って待っていた長女、夏に続き又行けなかったね。
母も、頼まれたブーツとクロックス、、炊きたての白ご飯3合を持ち広い空港をゲートBからFへそして最後はFからAへと最後は、疲れ過ぎて頭痛がするまで粘ったのに。

実は、今回の訪問末娘と父、母の間では、結構大きな難題になっていました。

金曜から始まっているParent's weekend.
事前にサッカー部のスケジュールを念入りに調べ試合に重ならない事を確認の上、週末1泊のみの訪問で航空券を購入したのが9月。

その後、テコンドーの昇段試験が土曜に入り(この頃は、まだ私の気持ちも揺るぎなく)
次に、友人のバースデー&ハロウィンパーティーが土曜夜に入り(末娘、行かなくちゃ駄目なの?と言い出す)

何と日曜日にダブルダッチのデモンストレーションの知らせが届き(この頃、既に私は留守番させようかな?モードに)
極めつけ、日曜の夜にサッカー部の打ち上げパーティーが入った頃には、お互いが悩みながら何となくその事には、触れずみたいな空気が2週間。

大学の寮に泊まり色々な催しを観る事も長い目で見れば意味があると言って譲らない父、今に生きている末娘の板挟みに、ただ本人の決断を見守った2週間。

出発前日金曜の朝に、大学に行く事にしたと言われた時に、私の口から出た言葉は“ありがとう”だけだった。
本当は残ってやりたい事一杯あるよねという言葉は心の中に。

そんなこんながあってのフライトキャンセル。きっと何か意味があるんだよね。

だから、帰りの飛行機の中で、パーティーにいってもいい?って聞かれた時は、頭痛でガンガンだったけれど”わかった、送っていくね”って言えたのかも。

よかったね、残念だったのはテコンドー昇段試験だけで。この1カ月考えに考えた選択、私達にとって何か意味があった気がしてる。
a0161409_092694.jpg

2011年、初雪の朝日。長女からのプレゼントの花瓶に彼女を思い出す花を添えて。
今度こそ絶対行くからね。
[PR]
by hana-as426 | 2011-10-31 00:31 | 旅行 | Comments(2)

今週のおたのしみ

ドイツに1週間旅行に行っていたRokkoちゃんからおみやげを頂きました。
a0161409_2192133.jpg

チョコレートでコーティングされたバームク―ヘンとクラスの皆さんへのシャンペントリフです。

このバームク―ヘンのチョコがカリッとしていて美味しく、娘と2人大事に頂いている最中です。

日本で頂くあのバームク―ヘンは、ドイツには無かったとのこと。
産地の物と思っていた物が、実は日本で日本人向けに作られていた事を知る機会が旅行先で時々あります。

後ろに写っているバック、エコバックの様に可愛らしくデザインされていますが、お土産用の紙袋です。
とてもおしゃれなので大事にとっておきましょう。

今週は、木曜クラスのみ開催ですが、本場シャンペントリフを頂きますよ!
おたのしみに参加して下さい。
[PR]
by hana-as426 | 2011-10-26 08:18 | ボストン | Comments(0)

いつか来た道

知人が働いているギャラリーで、ガラス展を開催してしてるからと声をかけてくれたので、ウィークデ―の晴れた日Ipodを聴きながらテクテク歩いて行って来ました。
a0161409_10204663.jpg
薄く造られたガラス細工は、もちろん素敵でしたが、もう1つ魅せられたのは、クレイで手作りされたミニチュアの人々の
動線です。

a0161409_1024421.jpg
ここは、骨董通りとして有名で1番最初にボストンへ引っ越してきた時に近くに住んでいた懐かしい場所です。

a0161409_10305586.jpg
ボストンで初めて食べたタイ料理のお店King&Iも健在です。

a0161409_1034119.jpg
観光客の行きかう街並みは、ハロウィン一色にディスプレイされ季節の移り変わりを感じました。

a0161409_1041475.jpg
Public Gardenのカルガモ像では、1番先頭の親がもを取り合う子供達でにぎわい、何年経とうとも子供の心理は不変の様です。

a0161409_10531321.jpg

あの頃、幼稚園だった息子のやんちゃ仲間3家族と、ベビーカーに乗っていた妹達3人を押しながら遊びに来た公園。

今は、全員大学生だもの、時の流れを想うとやっぱり嫌になっちゃうな。
[PR]
by hana-as426 | 2011-10-24 02:10 | ボストン | Comments(2)

誕生

ハロウィンまで、あと10日となりました。
9月10月は、生徒さんの出産が続いています。

おくるみを作ったEちゃんと僕へお祝いのスタイを作って贈りました。
a0161409_0312998.jpg

小さくて可愛い可愛いと思いながら作ったのに、スタイを付けて送って下さった写真は、まだベストの様に大きくて新生児のあのふにゃふにゃ感を味わいたいという衝動にかられました。
a0161409_0345741.jpg

裏地も、男の子らしい柄を選んだのでリバーシブルに出来るかな。

落ち着いたら、寒くなる前に是非抱っこさせてね。
クラスの皆も、首をなが~くして待っています。
[PR]
by hana-as426 | 2011-10-21 00:40 | ボストン | Comments(0)

守り神

とっても早いペースで、Mさんのクッションが出来上がりました。
a0161409_223539.jpg

縫い目もきちっと均等に仕上げ、とても2作目とは思えない優秀作品です。

グリーンとブルーを反転にして対にしたホヌデザイン。
ホヌは、海の守り神として存在しますが、クラスではいつの間にか男の子のお子さんを持つママさん達の人気デザインになりました。

大海に泳ぎ出すその雄姿を見守る=息子を育て上げる母親の気持ちそのものなのかもしれません。
次回作は、ハイビスカスデザインのバックで、オレンジ&白でスタートしました。

私のサンプルバックはブルー&イエローなので、きっと全く違ったイメージに出来上がる事でしょう。
随時UPして行きます。

今日のレッスンのおやつに、ババロアを召し上がっていただきました。

1作目のイチゴのババロアは固めだったので、1日に2回も作っちゃいました。
プルンと程良い固さに出来上がりました。
a0161409_230491.jpg

[PR]
by hana-as426 | 2011-10-19 02:34 | 生徒さんの作品 | Comments(0)

ババロア

初めてイチゴババロアを作ってみました。インスタントじゃありませんよ。
a0161409_150256.jpg

先週、夫がすごくババロアを食べたがってるけれど、日本に行った時、コンビニでも美味しいのが沢山売ってるから、私は絶対作らないのと話した所。

友人が、あまりに気の毒がって(かな?)大雨の中お手製のババロアを運んでくれました。
もちろん家族は大喜び!あっという間に売り切れです。
 
日本では、一歩外に出れば、美味しいケーキ屋さんや話題のスイーツにありつけますが、ここはかなり違います。
まず、甘さが違う、そして繊細さも。

傘をさして運んでくれた友人の姿と、家族の喜ぶ姿を見て、作ってみようかな、、、という気になったのです。

まず、ゼラチンは何て言うんだろうから始まって、みつけるのもちょっと時間がかかったりします。

お味の方は、まだ冷蔵庫に入っているからわからないけれど、今度レッスン後のティータイムに出してみようかな、なんて生徒さん可哀想~。

オーダーのト―トバックも、針を持つ日常に戻り、只今ホヌの周りをエコーイングキルティング中です。
急げば、今月中に出来上がるけれど、丁寧に作りたいのでちょっと待っていてね。
a0161409_22186.jpg

[PR]
by hana-as426 | 2011-10-18 02:12 | ボストン | Comments(2)

思う存分たのしんで!

今週末は、末娘が韓国でお世話になった友人が渡米しています。

2ヵ月半ぶりの再会なのに大雨。
そういえば、夏にお邪魔した時も大雨でニュースになっていました。

友人が乗っているであろう白い車が窓から見えた時、母娘共に大雨の中飛び出して行きました。
おまけに娘は、裸足のままで。

でも、私はそのワクワク感がすごくわかるんです。
どうしても、どうにかしてでも短い時間でも逢いたいっていう気持ちが。

久しぶりに逢った2人は、何故か笑ってばかり。
そうだっけ、どんなことでも大笑いしてしまうそんなお年頃だもんね、羨ましい。
”あ~死にそう”って大笑いなんて、ず~としてないな。

今日は、やっと晴れて5~6人で買い物へ行くそうです。
思う存分、たのしんで!!眩しい季節を。
a0161409_23165935.jpg

韓国からのおみやげにJYJの新しいアルバムを頂きました。(多分娘に。母、大きな勘違い?)
美しい者は、やはりいいわ~。

元生徒さんが、今日本へ一時帰国中です。
何と、日本で今週末開催されるJYJのライブに行く為だとか。

何かに惹かれるその情熱ってとっても大事な事だといつも思っています。
おみやげ話を聞くのもたのしみ。
[PR]
by hana-as426 | 2011-10-16 00:04 | ボストン | Comments(2)

新しい世界

嵐の様な長女の帰省が終わりました。

食べたいメニューを制覇する為に、朝から何と餃子なんて日もありました。
帰りには、おせんべいやら炊きたてのご飯などを一杯持たせ、田舎のおふくろ状態でした。

初帰省で、感じた事の1つ。
それは、既に姉妹共がお互いの新しい世界へ泳ぎだしているという事でした。

姉は、寮生活の中で私の知らない仲間や先輩と食事をし語らい、友人の運転する車に乗って買い物にも行き青春を謳歌しています。

今までだったら、名前も顔も知っていますが、今や知る由もありません。

そして家に残された妹も、ハイスクールで既に自分の居場所をみつけています。
a0161409_046238.jpg

たった4泊の姉の初帰省中にも、自分の予定を変える事はありません。
友人と食料の買い出しをし、共にピザを作り友人との夕飯が優先です。

急な変化にびっくりもしましたが、それでいいと思っています。
何といっても、2人ともたのしそうですから。
a0161409_0342215.jpg

[PR]
by hana-as426 | 2011-10-14 01:10 | ボストン | Comments(4)

知恵熱??

日本もこちらも3連休ですが、いかがお過ごしですか?

我が家は、長女が2カ月ぶりに一杯のお土産を持って帰省中です。
私達には、お揃いのマグカップ。
a0161409_2232665.jpg

それなのに、私と来たら。
美味しい和食を食べさせなくてはと張り切り過ぎたのか当日に発熱。
これでは、運動会を楽しみにして知恵熱をだす幼稚園児と一緒でしょ??

帰省当日には、冷凍してあったカレーとご飯を炊くのが精一杯でした。(残)

今日は、既に元気になり朝から鮭を焼きお味噌汁と純和食です。
そのあとは、さっそくハヤシライスの仕込みです。

まだまだ食べたいメニューが沢山あるので、モールにも行かなくちゃならないのに3食、家ご飯にしなくては制覇できなそうです。
a0161409_2413379.jpg

まだ入学したてなのに、母校を誇りに思う愛校心は羨ましい限りです。
[PR]
by hana-as426 | 2011-10-10 02:48 | ボストン | Comments(0)

天国の海

ラニカイビーチ 
a0161409_114926.jpg

”この海の青さを覚えてるのよ、今度いつ来れるかわからないんだから”と娘達に言ったあの日。
a0161409_1221419.jpg

いつもだったら最後の海は、ワイキキと決まっているのに何故か遠くの海を見たかった。

行こうと思うラニカイビーチは、ナビでは拾えなくて、近くのカイルアビーチに着いた時、娘達の”行った事ない海に行こうよ”という言葉に押され辿りつけた天国の海。
a0161409_1574917.jpg

隣に座っている家族の、ラニは天国、カイは海という説明を遠く耳にしながら、私は何を想っていたんだろう。
a0161409_1261382.jpg

あの日の夕暮は一段と美しく、この滞在で唯一写した夕焼け。

数時間後に届く悲報も知らず、幸せに包まれて眺めていたんだろうな、きっと。
a0161409_1293980.jpg

成田を発つとき、いつもの様に母に電話をした。

でも、その内容は夕飯に何を食べたとか、来年また来るねとか、あまりにいつもと変わらず悲しいかな鮮明に覚えていない。

あれが、母と話した最後。

このハワイ滞在記を書けるかどうか自信がなかった。
でも、母が自分の命を削りながら私達をたのしませてくれた初めてづくしのこの滞在を残しておきたいと思った。

ボストンに帰ってからではなく、ラストあと1日という所で近くハワイから日本へ呼び戻してくれたのも、私を無償の愛で包んでくれた母らしい。

誰にも面倒をかけること無く、ある日突然逝ってしまった母は、私に何を言いたかったのだろう。

この海の青さを、そよぐ風をあの日のまま残しておきたい。
記憶が鮮明なうちに。

悲しすぎて、作れるかどうか自信が無かったけれど、大好きな母への想いをこの1枚に託して一杯の花を飾り続けながら彩っていきたいと思う。
a0161409_210918.jpg

[PR]
by hana-as426 | 2011-10-05 00:24 | 旅行 | Comments(4)