ボストン@ハワイアンキルト

myhawaii.exblog.jp

ハワイアンキルトをあなたと

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大切なひと

これを書ける日が、やって来てよかった。
同じ空の下で迎えられてよかった。

3週間ぶりの我が家は、どう?
男組は、照れてなかった?

私の大切なひとが、突然入院したのは7月11日。
8月のお誕生日を、どこで迎えようか相談中の突然のメール。
”ごめん。足の骨折った。”

彼女は、18才を頭に3人の息子の母であり、バリバリのキャリアウーマンでもある。
帰り際に、食料品を買って帰ろうと思っていたその日、疲れてしまって1度帰ってから出直そうと、自電車で再度出発。

5キロのお米と沢山の食材と共に転倒し、大腿骨骨折の不運に遭遇してしまった。

それでも、お見舞いに行った彼女は、前向きだった。
神様が、休養をくれたと思う、今まで3週間も何もしない時間なんてなかったから、大切にしようと思うのと笑う姿に、こちらが救われた。

あれは、私が結婚を決めた夏、27歳の時。私の心は、多分もう仕事ではなく、完全に家庭に向かっていたと思う。
その時、彼女は自分の力で、フランスに留学していた。

偶然仕事で、フランスにステイした私と、彼女と、もう1人エアーフランスのクル―をしながらパリで自活している3人で明るいうちから、お祝いだと言ってワインを飲み、大騒ぎした、あの夏の日。

2人の話は、”これから、何をしていきたいか”という力に満ちていた。その力は、完全に引きに入っていた私に、”次の何かを探さなくては”という出発点を与えてくれたのを覚えている。

今年の夏は、思わぬプレゼントで、一杯携帯メールでおしゃべり出来てよかった。
a0161409_1235492.jpg

この風景を共に見ながら、共に成長した年月。

知っていた?
お見舞いに行った時、私にだけ見える席に白髪の80代のおばあさまが3人、車いすに座っていたの。
多分、3人は知り合いではなく、入院患者同士だけの間柄だったと思うけど。

後、何十年かしたら、私達も、ああなるんだなって思った。
これから先、自分の病気、夫の事、子供たちの事、まだまだ色んな事が、起きるけど。
ああなるまで、一緒の時を過ごせたら、いいなって思った事を。
[PR]
by hana-as426 | 2010-07-31 12:24 | 日本 | Comments(2)

しばしの休養

ゆったり自分のしたい事を楽しんでいた7月も、夏休みに入った途端、時間が倍速のごとく、走りだしました。

まずは、ふたたびのライブ。
a0161409_11404767.jpg

一定の客数を集めれば、ラジオで取り上げてくれるとか。
母力で、いらしていただきましたよ。2家族も。暑い中、夜遅くまでありがとう。感謝しています。
息子の友人の中に知ってる顔が。
彼とは、同じハイスクールでご近所さん。泊まりに行ったり来たりするような仲でした。1つ学年が上だった息子は一足先に帰国。1年後に偶然同じ大学生になりました。この広い世の中で、またもやキャンパスでばったりとは、ありがたいご縁です。
お陰さまで、集客数もクリアで、ラジオ出演もOKとのこと。

長女は、問題集片手にボタンティアに精を出しています。
人生の大先輩から、度々“親孝行をするように”と諭されてる様子。みいさん、大きな教えをありがとうございます。
a0161409_11301240.jpg

今月は、誕生月。
ボストンで低学年から一緒だった友人たちと集合し、たのしい1日を過ごしてきました。
アメリカで生まれ育っても、日本の大学を選択したり、高学年になって渡米し家族が帰国しようとも残り、アメリカの大学を選択したり、選択肢があるだけに十人十色の道があり、皆の将来がたのしみです。

ボストン友人の一時帰国先へ1週間の滞在をするはずだった末娘。
夏休み寸前に、友人が帰国出来ないハプニングが発生し、とても残念でした。
この日は、炎天下の中、キンダー&1年生の級友と再会です。
a0161409_1195072.jpg

小さい時のお友達と、こうして繋がっていれるのは、お母様方の協力があってのこと。

この後、Erica-mama&Papaの元へガールズだけで電車に乗ってお泊まりへ。
かれこれ、7年間もお世話になっています。あんなに小さかった前歯の抜けた2人が、思春期になるなんて。
日本への帰国日程が決まると、まず1番先にErica-mamaの予定を伺うのが恒例な程、娘は再会をたのしみにしています。心から、ありがとうございます。

そして、、、私は。
倍速について行けず、久しぶりに腰が痛いです。
今週末にかけての、オープンキャンパス、いとこ家族との旅行へ向け、今日1日お籠りすることにしました。
Erica-mama、休養もくれてありがとう。
[PR]
by hana-as426 | 2010-07-28 11:45 | 日本 | Comments(2)

新風

a0161409_6415991.jpg

夏休み中、独学?で針を進めてるAちゃんから届いた、パソコンケースの進行報告です。

6月にキットを渡し、早口で手順を説明したのに、もうアップリケが終了です。心配だったイルカも、丸みを大切にサメにはならず、とても上手に出来上がりました。

クラスには、新風を吹き込んでくれる3人娘がいます。【新婚さんです。念のため】
私は、どちらかと言えば彼女たちのお母様と年が近いのかもしれません。

新しい作品をスタートする時、布選びと言って、時間をかけてクラス内の布や、数冊の本の中から、じっくり好きな色の組み合わせをしてもらいます。

その時、今まで聞いたことのないセリフ。
”主人と相談して決めて来ます。”と言う言葉を聞いた時の驚き。
え??何て??

私だけでなく、その場にいた3人娘以外の生徒さん全員の頭の上には、???マークが飛んでいたに違いありません。

布を選ぶのに相談、、もしかしたらうちなんてキルトをしてる事すら知らないかも、、、という心の叫びが聞こえて来そうな漫画的な一場面でした。

そうよね、最初のころは何から何まで相談よね。忘れていた、そんな大切な時間。髪振りみだして、やれ野球だ、やれサッカーだ、やれアイススケートだって、子供たちの送り迎えに振り回されてる
我々が遥か彼方に置き去った事を。

そんな衝撃的なシーンからも、1年以上が経過し、”相談して決めて来ます。”に耳も慣れ。

クラスを開催しているからこそ味わえる、年代を超えた驚き、笑い、学び、私大好きです。
[PR]
by hana-as426 | 2010-07-27 07:14 | 生徒さんの作品 | Comments(0)

普通が幸せ

a0161409_1385827.jpg
今日の晩御飯は、何にしようか、、、。
今まで何十回、何百回も繰り返して来た買い出しだけど、1年ぶりに
皆で揃って、こんな風景が嬉しい。

a0161409_13213556.jpg

2人でサッカーをする姿を、小さい時からよく目にしたけれど、大きくなっても、遊べていいね。

今まで、当たり前だと思って何も感じてなかった事の重みを今年は、妙に感じる。
息子に続き、長女が独立するまで、後1年っていう期限付きだからかもしれない。
[PR]
by hana-as426 | 2010-07-23 13:25 | 日本 | Comments(1)

卒業アルバム

a0161409_12241523.jpg

本当に短い期間の元担任よりと書かれた、お手製の卒業証書と共に頂いた、小学校の卒業アルバム。

級友から借りた卒業アルバムに、たった1枚だけ印刷されている娘の笑顔。
私は、それを見ただけで、ありがたいなと心が一杯になった。
ほんの3週間のクラスメートを、皆と同じページにアップで載せて下さるなんて。

娘は、借りたアルバムの残しておきたいページをデジカメで写し級友にお返しした。
後日、小学校の先生の元に、1年ぶりにご挨拶に伺った娘は、この経緯を元担任に話したらしい。

その翌日、娘の元に届いたアルバム。
先生は、そんなに欲しいならとご自分のアルバムを下さったのだ。
その上、終業式を数日後に控えお忙しい中、奇麗にデザインされた卒業証書付きで。

もちろん娘は、お礼の手紙を書いた。
a0161409_124113.jpg

そして今年も、中1-Aクラス全員へ送った手紙。

書き始めるのが遅いから、昨年は、あと数人という所で、書き上がらず断念。
今年も、書き始めたのを目撃した時は、正直”辞めようよ~”と、思った。
夜なべをし、朝も早く起きて書きながら間に合わなかった昨年と同じことをしようとは。
何時間も費やし、疲れて八つ当たりされるのは、たまったものではない。

でも、40数人分、書きあげて無事渡せた終業式に、大切な事って、こういう事だよね。っと教えられたのは、私かもしれない。

さあ、本当の夏休みへ突入です。
貴重な日本の日々を1日1日、大切に過ごしたいです。
[PR]
by hana-as426 | 2010-07-18 12:57 | 日本 | Comments(6)

尊敬

三回り上の同じ干支、同じ血液型の叔母が、いつの時も私の進む先の道しるべです。

この叔母がいなかったら、今の私は存在しなかった事でしょう。
a0161409_95634.jpg

叔母の大病が発覚した直後に、回復することを願って針を進めたベットカバー。

男勝りな叔母からは、かけ離れた可愛らしいイメージですが、何か無垢な、明るい気持ちになれる物をという気持ちを込めた大作です。

これを贈った時、叔母は”まるで、千人針ね。”と言って笑っていました。

高校2年の私を、初めて海外に連れて行ってくれたのも、この叔母でした。
行き先も、不思議と縁を繋いでいくハワイで、この旅の影響が後の仕事の選択へと続いて行きます。

その後、どうしても現地のハワイアンキルトを学びたかった7年前、3週間のハワイ滞在と、レッスンを受けている間の子供たちの面倒を全て引きうけてくれたのも、この叔母でした。

ハワイアンキルトから、針が遠のく度、この叔母の献身を無にしてはいけないという思いが、私をハワイアンへ引きもどしてくれます。

現在も闘病を続けながら、持ち前の精神力で1日一万五千歩を歩き、”年寄りとのお付き合いは、大嫌い”と言いながら、私達よりタフな叔母。

私がいくつになろうとも、可愛い姪には変わりなく、これから先はこうしたら?、60歳までにこうした方がいいんじゃない?と、一大事業をしてきた叔母からのアドバイスは、一主婦とは違った視点から、心に沁み入ります。

病気が治ったら、大好きなマウイ島へ又、皆で行こうね。とあの時、見送った島も、その後訪れることなく、その日を待っていますから。
a0161409_10211546.jpg

海の蒼さをイメージして贈った、クッションと共に。
[PR]
by hana-as426 | 2010-07-11 10:41 | 旅行 | Comments(2)

それぞれの夏

三人三様の夏を送っています。

長女は、日本でのボランティアをスタートする為に、老人ホームへ面接に行きました。

私自身、日本でボランティアをしたことがなかったので、どの様な手順を経て行うのか知りませんでしたが、長女はインターネットを駆使し、春先からサーチをしておりました。

電話やメールの返信など、アメリカでは長女に助けてもらうことは、日常茶飯事ですが、ここ日本では、立場が完全に逆転します。

日本では、娘曰く”積極的なママ”に変身です。
これを言われた時に、本来の姿をアメリカでは出しきれない長年のストレスって、あるのでは?と気ずきました。日本へ本帰国後、奥様が体調を崩して闘病生活に入った話も人ごとではありません。
ストレスは、抱えることなく流しましょう。これから先も。

話を本題に戻し。
娘の希望内容は、お年寄りのお話相手で週2回通う事に決まりました。デイケアーと宿泊の施設を見て回りましたが、デイケアーのお年寄りは、グループになってトランプをしていたり、折り紙をしていたり、ただ座っていたり、ここでも色んなタイプの方がチラホラ。積極的に何かをしている方々が、やはり活力がありました。

廊下に貼ってあるお習字も、とてもお上手で、名前と共に87歳とか92歳とか、年齢が書かれているのがほほえましかったです。

そして、お題も”初恋”であったり、“人生、思い立った時が青春”と書かれていたり。
娘は、お年寄りとの会話、姿から何を感じ取って帰ってくるのでしょうか。

a0161409_1010060.jpg

末娘は、休む間もなく朝7時の朝練から7時近くの帰宅まで、エネルギーを使い果たしています。

サッカー部に女子1人。
アメリカでは、男女差なく行動するので、その辺のギャップを感じ取った様です。

なんちゃって制服に身を包み通学する姿。
これも、私にとっては新鮮なので、ゴミ捨てに向かいながら、パチリ。

面接に伺う道すがら、”~ちゃん”と声をかけてくれたり、先生と見学に回ってる時も、“何組?”と話に加わってくれたり、学校と皆の懐の広さに、心から感謝しています。

自分が新しい環境に入る経験も、逆の立場になった時、心配りが出来る事でしょう。

そして私は、恒例小学校からの幼馴染8人で集合です。
両親祖父母兄弟は、当然の事、その兄弟の昔の彼氏、彼女話、もっと言っちゃえば、冷蔵庫の中身まで知っちゃってる仲なので、何も飾りのない”素”状態です。

それぞれが、いろいろあったけど(進行中か)、子育て終了まであと一息、還暦になったら温泉にでも泊まりに行こうね!
[PR]
by hana-as426 | 2010-07-07 10:45 | 旅行 | Comments(4)

独立記念日

7月4日は、アメリカ独立記念日、ボストンの皆さん、チャールズリバーの花火は、いかがでしたか。

さて、私は息子のライブコンサートに行ってきました。
半年ぶりの再会なのに、やっ!みたいな感じであっさりと2~3言しか言葉を交わしておりません。

アメリカの親子の様に、いくつになっても息子と母がハグをする。
私がしようとしても、きっと軽くかわされることでしょう。
あれは、やはり小さい時から、当たり前の様にやりつけてないと無理ですね。
a0161409_843679.jpg

好きこそ物の上手なれ(合ってるかな?)
確かに数年前よりは、トークもラップも上達していました。

優勝は、もちろん出来ませんでしたが、好きな事を一緒に打ち込める仲間がいる事、それで充分です。

私の7月4日は。
いとこが、大好物のTopsのチョコレートケーキを持ってきてくれました。
かつて同じマンション内に住んでいたいとこ曰く、“遊んだ帰りに、よくお姉ちゃんが買って来てくれたよね”
確かに、六本木、赤坂、渋谷帰りには、必ず買って来たような。

私の大好物を覚えていてくれてありがとう。感謝感激の独立記念日でした。
a0161409_840438.jpg

[PR]
by hana-as426 | 2010-07-05 08:48 | 旅行 | Comments(0)

大好きな夏

7月になりましたね。1番好きな季節のスタートです。
a0161409_12133019.jpg

ボストンのAちゃんから、エンジェルトランペットのクッション完成のお知らせが届きました。
タロリーフクッションと共に、茶系とのコーディネイトが、とても素敵です。次は、初めての海シリーズ。イルカはサメになり易いから、気をつけてね。

今回の荷物遅延の励ましの言葉も頂き、夏休み中にもかかわらず、こうして完成写真を送ってくれることを、とても嬉しく思っています。ありがとう、Aちゃん。

6月25日に着きながら、友人との再会も7月に延ばしてもらったり、
美容院も行っていませんでしたが、今日やっと切って来ました。

今晩は、息子のライブコンサートがあり、初めて招待されたので、
行ってきます。最後に観客が携帯から投票して、優勝者が決まるとか。わからない事だらけですが、まずは、活動開始です。
[PR]
by hana-as426 | 2010-07-01 12:29 | 生徒さんの作品 | Comments(2)

ハワイアンキルトをあなたと


by hana-as426