<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

10年

あれから10年。

2000年3月30日、10歳、7歳、2歳の子供達と沢山の荷物を抱え、この地に再び辿り着いた。

きっと、移民の大移動の様だったのだろう。成田空港では、ファミリーサービスを頼んでもいないのに、チェックインカウンターに着いた時から、荷物運びを全て手伝って下さった。

家、荷物、車の処分を全て1人でしなくてはならず、別れが悲しいとか、さびしいとかに浸ってる余裕はなかった。
あの時を、振り返ると無我夢中で、何だか凄い勢いに押されるかの様に飛行機に乗った気がする。

2000年が2010年になり、今の方がずっと感慨深いかもしれない。
a0161409_23173022.jpg
空港から最初に立ち寄ったお店。
多分、子供たちの飲み物を調達したような。
私の忘れられない場所。
[PR]

by hana-as426 | 2010-03-31 23:23 | ボストン | Comments(0)

rokkoちゃん

a0161409_2113364.jpg

補習校の卒業を迎えた娘達へ、rokkoちゃんがお赤飯を炊いてくれました。

母である私でさえ、お赤飯で祝ってあげた事がないのに、本当に感謝です。
rokkoちゃんの、人を思いやる姿を見て育ったお嬢さんたちは、自然と回りの人々を大事にする女性になる事でしょう。

rokko's husbandが会ったその日に、結婚を決めたって言葉に妙に納得してしまいました。お父さん、見る目があるね!

留学生Aちゃんの、記念すべき第一夜のお夕飯に、みんなで頂きました。フランスパンと並んでるのも、日仏国交みたいでいいでしょ。

こんな素敵な友に、巡り合わせてくれたボストンにも感謝です。
[PR]

by hana-as426 | 2010-03-30 02:29 | ボストン | Comments(2)

大歓迎

a0161409_331107.jpg

今頃は、機上の人のAちゃん。
この飛行機雲の先に、あなたの飛行機があるのかな。

初めての体験に、我が家は総出で大掃除中ですよ。
沢山、見て、笑って、会って、食べて行ってくださいね。

遂にスタートです。
フランス人交換留学生、2週間の我が家滞在。
[PR]

by hana-as426 | 2010-03-29 03:38 | ボストン | Comments(0)

がんばったで賞

a0161409_1394810.jpg

8作目では、ホワイトキルト制作中のHちゃん。
この作品に魅了され、私までホワイトキルトをスタートしたほどです。

アップリケが終了し、綿入れに進みました。
このモチーフは、凹凸が多く、外枠にもアップリケがあり、やりがいがあったことでしょう。
等間隔の小さな縫い目に、Hちゃんの繊細な細やかさが表れています。
a0161409_1461733.jpg

初クッションを制作中のEちゃん。
ホワイトジンジャーのデザインを、ピンクのむら染め生地でアップリケ終了です。

お花の部分の丸みの出し方も、すっかり慣れ、この2作目でとっても上達しました。
綿入れに進み、落としキルト進行中です。
[PR]

by hana-as426 | 2010-03-26 01:54 | 生徒さんの作品 | Comments(2)

ニューヨーク恋物語

a0161409_8575023.jpg

行って来ました、ニューヨーク。
何度,行っても何故かエキサイティングな街へ。
エンパイアステートビルも変わらず健在です。

1990年代に放映になった【ニューヨーク恋物語】ってご存知ですか。
田村正和主演、篠ひろこが出ていたアレです。
主題歌は、井上揚水の”リバーサイドホテル”
当時は、ヤオハン今は、ミツワでカートを引いていた2人の恋物語。
もう1度見たいドラマです。
a0161409_9102417.jpg

初めて訪れたエンパイアステートビルの上で、笑っている21歳の私のスナップ。
そう違いのない娘を連れて歩いている時の流れが、とても不思議です。
[PR]

by hana-as426 | 2010-03-24 09:23 | 旅行 | Comments(3)

陽だまり

日本の冬は、厳しかったと聞いていますが、そちらは如何ですか?
ボストンもやっと春めいて、晴天の毎日が続いています。
a0161409_032259.jpg

Uさんのファーストキルトが、出来上がりました。
陽だまりの様な、やさしい暖かい雰囲気が伝わります。

ハワイアンキルトが出来上がった時の、皆さんの喜び、嬉しそうな笑顔に出会う度、私が感じてる気持ち。

それは、皆さんの幸せに、少しでも手助け出来た喜びです。
これって、全ての事に通じてる気がするのですが。

さあ、太陽を一杯浴びて、ウォーキングに行ってきます!
[PR]

by hana-as426 | 2010-03-19 00:52 | 生徒さんの作品 | Comments(0)

おひとり様 完

遂に、悲願かなって、鑑賞出来たライオンキング。
素晴らしかったの一言に尽きる。

アフリカンソングを聞きながら、飛び込んでくる茶、緑、オレンジの鮮やかな色彩。

そして、座席は、、、というと。
AAA-DDDまで前に4席があったけど、人生初の前から5番目を堪能出来た。もう1つの座席は、Hだったから7席後ろになる。
幕間で交換することにして、娘は最初H席を選択。

A席からは、1番後ろで演じている人の表情もはっきり見える。
さすがプロ。小さな動き1つにも、その役に成りきってるのが、手に取るようにわかった。

途中で変わった娘は、H席の方が、好きだったらしい。A席は、見えなくてもいい物までが見えてしまうとのこと。確かに、オペラハウスの荘厳な造りは、この席の方が全体像として鑑賞出来る。

そして、周りにおひとり様は、いるだろうか???と見まわしたけど、誰一人として存在していなかった。

結局、おひとり様再デビューの機会は逃してしまったけど、今回の体験は、近い日に必ず訪れる”その日”の心の準備をする事が出来た。

そして、私は、一人で行くのが嫌だったわけでなく、奇麗だったね、どこの場面がよかった?、行ってよかったねという”共感”を誰かとしたかったんだと気ずく事が出来た。
a0161409_20641.jpg
a0161409_21132.jpg
[PR]

by hana-as426 | 2010-03-17 02:02 | ボストン | Comments(2)

おひとり様 その2

2月18日付け 片思い
3月11日付け おひとり様 その1
以上を、お読みになってから進んで下さい。

え~~~、行く気あったんですか???
事の成り行きは、こうだった。

チケットを買いに行く前日、これが最後と私は、末っ子にライオンキングの短いビデオを見せた。
その時、彼女は、面白そう行ってみたいと思ったらしい。
だけど、それを口にはしなかった。その上、明日早々にチケットを買いに行こうとしている母の予定をつかんでなかった。

私は、私で娘の様子から、本当は乗り気じゃないけど、付き合ってあげようかな、、て思ってるぽい。別にいいよ、今更と思った。

長男の反抗期、末っ子の存在にどんなに癒されたか知れない。
そこに存在してくれてるだけで、ほほえむ事が出来た。

しかし、末っ子もティーンエイジを目の前に、すっかり巨大化し、余計な事は、あまり口にしなくなっている。
どうやら、そんな母娘の行き違いが、今回の種だったらしい。

出張先から電話してきた夫に、聞いてよ~と話したら”一番、近い席を買って2人で行っておいで”との事。ありがとう、パパ。
散財担当でスミマセン。

次の日、早々に窓口に向かった。
隣の席は、たぶん空いてないだろう。払い戻しもしてくれないだろう。万が一、払い戻しをしてくれて、新たに2席を隣同士で買えたとしても、カードの払い戻しが出来てなくて、明細書が来たら3席分なんて事も充分あり得るし。
さあ、なんて言おうかな、昨日の親切なおばちゃんだったらいいな。

2日とも同じ時間帯だったのに、おばちゃんはいなかった。
おじさんに、昨日このチケットを買ったけど、娘も行きたいから,隣か、1番近い席をお願いと言った所。

同じ値段で手にしたのは、なななんと、、、Row Aだった。
もしかして、1番前???
a0161409_744477.jpg

[PR]

by hana-as426 | 2010-03-15 07:10 | ボストン | Comments(3)

おひとり様 その1

”ねえ、ライオンキング行かない?”諦めきれず、今度は長女にトライ。

”ニューヨークトリップで、見たもん“そうだ、、修学旅行で見て来てたんだ。修学旅行でブロードウェイミュージカル見ちゃうっていうのも、すごいよね。
私は、せいぜい京都の新京極のお店だったわ。(これは、これで想い出深いけどね)

仕方ない、ついにおひとり様再デビューと行きますか。

私の行きたい時間帯というのが、日曜の昼間。夜の部は8時からスタートで、この寒空、出かける気はしない。日曜の昼間、、、誘われる方も迷惑よね、、と、これを見てくれている皆さんに、声を掛ける勇気もなく。

一人で、映画に行くのも食事するのも全然平気で、20歳の時、一人旅までしたのに。
この20年で、私はすっかり変っちゃったみたい。

いつも、周りにゴチャゴチャ3人連れて歩くのに慣れすぎていた。

これからが、本当のおひとり様。早く再デビューして平気にならなくちゃ!と自分にはっぱをかけた。

ウェブサイトで購入も出来るけど、十数ドルの手数料を払うなら、直接窓口に行って、その分いいチケットを買うのが私流。(これを、貧乏性ともいう)

お天気もいいし散歩がてらに行きますか。
さて窓口でのやり取り。
私の提示した金額よりほぼ$20高いチケットから、説明され、次々と低い金額を提示しながらおばちゃんが説明してくれる。

ここは、サイドだから少し見にくいとか、この席は前に席がないから足元が広いとか、、を聞きながら、頭の中では、素早く計算していく。

えいっ!1番高いの買い。
だって、1人だもん。今まで3~4枚買ってたこと思ったらいいよね、それ位の贅沢。

学校から帰って来た娘達に”ママ1人で行くことにしたから、1番高い席買っちゃった、何と前から8番目なのよ~”と意気揚々と話したら。

”え~私、行かないの?”と末っ子。

は~~~、行く気あったんですか??? 続く
a0161409_1322571.jpg

[PR]

by hana-as426 | 2010-03-11 01:35 | ボストン | Comments(0)

仲良し兄弟

a0161409_354030.jpg

対になったいる亀ちゃんクッションが完成しました。
ソファーの色ともマッチしていますね。

Nさんちの仲良し兄弟は、喧嘩することなく好きな方を選んであるそうです。

ホヌは、海の守り神なので、いつまでも2人の成長を見守ってくれる事でしょう。

嫁に捨てられたりして、、、で大笑いをしましたが、2人はそんなお嫁さんを選びませんからご安心を!

次は、パソコンケース作成です。
[PR]

by hana-as426 | 2010-03-09 04:01 | 生徒さんの作品 | Comments(0)