ボストン@ハワイアンキルト

myhawaii.exblog.jp

ハワイアンキルトをあなたと

カテゴリ:日本( 50 )

絶対に外さないお店

たとえば、明日帰国っていう夜にも、わざわざ訪れた事があるお店がいくつかある。

そんな1つだった表参道の石釜ラーメン。
炎天下の中、いとこ家族と総勢7人で訪れたのに閉店してた、、、。

無くなる事がわかっていたら、去年もっと通ったのにな、残念。

ここも、必ず訪れる舞浜イクスピアリにあるイタリアンのカルボナーラ。
a0161409_2032580.jpg

こんな風に、お客様の目の前でチーズを削り、手前に用意されているパスタを巨大なチーズに入れ造り上げる濃厚こってり味。
a0161409_2033338.jpg

塩けの効いた厚めのベーコンも加わり、他のお店では食べた事無い絶品。

いつも長蛇の列が階段下まで続いてる銀座千びき屋のパフェもその1つ。
丁度、桃のパフェが2100円で出ていて、母娘3人で召し上がってるお客様みっけ。さすが、銀座ならではのティータイム。
a0161409_203459.jpg

叙じょ園の焼き肉も外せない1つなのだけど、牛肉が取り上げられている昨今、静観中。

何で、日本に来ると食べ物の話題ばっかりなんだろう。
[PR]
by hana-as426 | 2011-07-21 20:20 | 日本 | Comments(0)

ブーム

外人目線で日本を眺めてみると、毎夏何かしら話題になっているお菓子があります。

ラスク、バームク―ヘン、ドーナッツ、マカロンなどなど。
さて、今年の行列が出来るお菓子は、これだそうです。
a0161409_10443899.jpg

日本橋、錦豊琳のかりんとう。

お店の前を通りかかった時、元同僚が教えてくれました。その時は、数人の行列だったので並んで買ってみました。
お味の方は、これから渋いお煎茶を入れて味わってみます。

一緒に写っている彼女からのプレゼントのしょうがすこ。
タバスコをもじったネーミングがおもしろいですね。冷ややっこに使ったりするそうで、たのしみです。
a0161409_1054124.jpg

又、違う日には毎夏必ず立ち寄る銀座木村屋のあんぱんセット。

食べたい物を制覇する為に、外出+ウォーキングを日課とするへんてこな毎日を送っています。
a0161409_10584191.jpg

銀座、大好き!
[PR]
by hana-as426 | 2011-07-15 11:03 | 日本 | Comments(2)

Deepsea Quilt

ボストンで針を進めている生徒さん達の亀ちゃんは、日々成長している様で、私の励みにもなります。

6月に入ってからの皆さんの熱気に触発され、出発前にしつけまでしてスーツケ―スに入れた“海のキルト”、私の次回作品です。
a0161409_943322.jpg

深い海の底から光を目指して昇る時、目の前に広がる海の色をイメージして配色しました。

デザインは、よ~く見て頂くと黒い線が見えるかと思いますが、シェルとイルカを配置してあります。

毎日出歩いてばかりいて一向に進んでいませんが、この作品は秋にでもハワイの海を想い出しながら、ゆっくりたのしんで進めたいと思っています。

何よりも染めの微妙な濃淡に魅せられています。
[PR]
by hana-as426 | 2011-07-12 09:58 | 日本 | Comments(0)

忘れられないメール

大好きな東京を一望できるガラス張りのお店を案内してくれてありがとう。
予約席が窓際でなかった事をとても残念がってお店の人に交渉してくれた事忘れない。

希望が叶わず窓際に座れなかった時、“今度はきっといい事あるわよ”って言えるほど、お互い大人になれてたね。

予感的中で、お茶に入ったお店は、さすがに素敵で25年前のパリの夏を思い出したわ。
a0161409_2083478.jpg

ランチで既にケーキを頂いたのに2つ目のスイーツ。
この際、体重なんて気にしない!

このカラフルなエクレアだもの。ちょっと体験出来ないよね。
a0161409_20135184.jpg

先月送ってくれたメールの一文が、何故か忘れられない。

キャンディ―ズ、亡きス―ちゃんへの蘭ちゃんからの弔辞。
「もっともっと一緒に年を重ねて生きていきたかった。」
メッチャ泣きました。って。

そうならない様、お互い身体に気をつけて、重ねていけたら幸せね。
[PR]
by hana-as426 | 2011-07-09 08:00 | 日本 | Comments(0)

七夕デート

1年に1日だけ、会っておしゃべりをする事で私に元気をくれる大切な人達。
まるで、七夕ね。と笑いながらいったいどれだけの時を共有して来たんだろう。
a0161409_20535.jpg

巡り会った時が幼稚園だったり、ここ数年での出逢いだったり様々だけれども私の元気の源である事には違いないみんな。

今日のテーマは、思春期の子供を「見て見ぬふりする難しさ」
口を出すことは簡単だけれど、これは実に難しく私の永遠の難題でもある。

時間があると目が行きがちだから、これに没頭するしかない。
a0161409_21135882.jpg

サークルをスタートした時に作った、First Quiltのお手本を7年ぶりに作り直す事にした。
9月からは、初心に戻って新しい一歩を踏み出そうと思っている。

そういうやる気を引き出してくれる七夕デートに感謝。
[PR]
by hana-as426 | 2011-07-07 07:39 | 日本 | Comments(2)
今回の帰国は、何事もなくスムーズにと言えたらいいのに。
又もや、事件が、、、。

フライト自体は定刻通りで、ハプニングがない時ってこんなに自然に流れて行くものなんだと昨年の長い1日を思い返したりしていました。

成田に着き、いつも入る洗面所で女3人身支度を整え、荷物を受け取りに行った時には、既にターンテーブルから3つのスーツケースは引き上げられ綺麗に並んでいました。

遅く行くと既に取り上げられていて、ラッキーかもなんて思いながら成田を後にしバスに乗りこみました。
ああ、1年ぶりの日本嬉しい!!なんて呑気な思いは、この後すぐに吹き飛ぶなんて思いも寄らずに。

家に着き、長旅の疲れを順番に流しますかと末娘から入浴する事にした瞬間、“中身が違うってある?”という意味不明な質問が。

何と同じスーツケースを取り違えて持ってきてるなんて、、ドラマの様。
このスーツケースは、珍しい色で今まで他の人が持っているのを目にした事がありませんでした。

さあ、それからが大変。
航空会社に連絡し、相手先に宅急便で送らなくては。

先方の中身が仕事関連なので、急がなくては大変という思いが先立ち焦りますが日本語だから救われます。

今まで1回も番号を照合せず空港を後にしていた事の戒めでしょう。
あさってに控えたパーティーの為に入れて来た、たった1枚のドレスがどうしても必要なのに。

後日お相手と話した所の詳細によると。
相手方が先に荷物を取り電車に乗った後、違う事に気づき引き返した事がわかりました。
その時既に我々は、違うスーツケースと共にバスに揺られていた事でしょう。

先方も今まで同じスーツケースに会った事がないと恐縮していましたがお互い様ですね。

2度ある事は3度あるにならない様に、荷物の番号は必ず照合する、これを習慣づけなくてはです。(あたりまえ?)
a0161409_11204861.jpg

[PR]
by hana-as426 | 2011-06-28 11:28 | 日本 | Comments(2)

キルト展

朝の5時に、けたたましく鳴ってる電話。
学校からの、今年3度目の休校【雪の為】連絡です。

雪降る中、ゆっくり寝てられるのって、とっても幸せって感じるのは、私だけかな。

せっかく、それが味わえるのに、先週は5時45分、今日は5時に電話が鳴るんだもん、ああ残念。

父方の4人の伯母の一人から、東京ドームのキルト展の様子が送られて来ました。
a0161409_1383557.jpg

行きたいな~と、夢見て早数年。
日本に帰った時の楽しみとして取ってある、年1回開催の大キルト展です。

私に何回もチャンスを与えてくれた伯母や、アメリカ生活を支えてくれているハワイ在住の伯母の妹に当たる今回の伯母は、遠方に嫁いでいた為、今まであまり会えるチャンスのない一人でした。

ところが、ひょんな事からハワイアンキルトに興味があり、作ってみたいと思ってる事を知り、話す機会が増えました。

今年の夏、チャンスがあったら2人でおしゃべりしながら、何かを作ってみたいなと思っています。

a0161409_154273.jpg

むら染めに、ハートが白く抜かれてる生地で、立体の化粧ポーチを作り始めました。

ショッキングピンクとグリーンの組み合わせを本で観ては、いつか作りたいなと思っていた時、個性的な生地と出会えました。
[PR]
by hana-as426 | 2011-01-28 02:02 | 日本 | Comments(2)

お餞別会

こちらで満足出来ない食の1つ、焼き肉屋さん。

どんなに短い滞在でも、ニューヨーク、ニュージャージーに行った時には、K Townに寄って食べて来る程、焼き肉好き一家です。

物足りない食の続きに、それを書こうかと思っている矢先、息子から”羨ましがらせよう”企画が送られて来ました。

a0161409_2202751.jpg

来月、2年ぶりに帰省する長男の為に、Take-papaさん一家が開催して下さったお餞別会。

本格的に帰国するわけではないから、送別会ではないし、あまり耳にしないけど、お餞別会という事で。

こんな羨ましい会を、開催して下さってありがとうございます。幸せ者です。

帰国日にハート印をつけたら、娘達に呆れられ母より。
[PR]
by hana-as426 | 2011-01-25 02:26 | 日本 | Comments(0)

男組

日本は、連休でしたがいかがお過ごしですか?

我が家は、男組の旅でした。
父親の講演会出席に、初めて息子を鞄持ちとして帯同してみました。
メンバーは、ごらんの通り年配の社長さん方。
a0161409_23214792.jpg

この講演を主催なさっている社長が、私達の恩人です。
今から十数年前、アメリカにどうしても留学したかった夫の願いを叶えようと応援して下さったのが、その社長です。

私が初めて社長とお目にかかった時は、長男がお腹の中にいました。
その後、出産してからもご家族で見に来て下さったり、家族ぐるみでお付き合いさせて頂いています。

あれは、長男がまだ生後半年くらいだった時。
銀座のステーキやさんのランチにご招待して下さいました。

社長ご一家は高校生のお嬢さん連れでした。
案の定、長男は食事中ぐずりだす始末。
その時、奥様が長男を抱っこして散歩に連れ出して下さり、私は何とかお食事を頂く事が出来ました。

その後、私達は渡米し、夫は、度々ご夫妻とお目にかかっていますが、家族ではご一緒出来ずにいました。

その長男もどうにか成人し、大学の休み中という事もあり、20年ぶりにご挨拶をさせたいと思いたった次第です。

あの時、高校生だったお嬢さんも母となり、私もあの頃の奥様の年齢になりました。

父と兄の中間の様な、人生の先輩とこれからもお付き合いを続けられたら幸せです。
[PR]
by hana-as426 | 2010-09-25 23:44 | 日本 | Comments(2)

以心伝心

お待ちかね、桃のお値段発表。
    1500円也
さすがに香りがちがいます。心持、剥く時の皮の具合もす~と取れやすい様な。これからも、桃を見る度に、この夏の思い出が蘇って来る事でしょう。
a0161409_23582639.jpg

こちらは、私の両親から孫たちへ。
母は、おせんべいが大好きな孫たちへ、毎年山ほどの磯部巻きを持たせてくれます。ある夏は、あまりの多さに郵送することに成ったほど。

長男が、母の近くに住んでくれた事によって1番安心したのは、私かもしれません。

父は、毎夏、孫娘たちへバック、ポーチ、帽子、大型せんべいなど、細々した女の子が好きそうな物を用意してくれます。

それが、何故かハワイアン柄が度々登場します。
私が、ハワイアンキルトをしていることも改まって話したこともありません。このブログの存在も知りません。多分、ハワイアンキルトをしている事も知らないでしょう。

父の妹がハワイに永住している為、我が家の話題にハワイが出るのは、たびたびの事。それでも不思議です。

このスナップの他に、今年はハワイアンの帽子もあり、只今太平洋を横断中です。

不思議な以心伝心です。来年の夏には、どうしてか聞いてみようかな。
[PR]
by hana-as426 | 2010-08-31 00:22 | 日本 | Comments(0)

ハワイアンキルトをあなたと


by hana-as426