カテゴリ:旅行( 192 )

尊敬

三回り上の同じ干支、同じ血液型の叔母が、いつの時も私の進む先の道しるべです。

この叔母がいなかったら、今の私は存在しなかった事でしょう。
a0161409_95634.jpg

叔母の大病が発覚した直後に、回復することを願って針を進めたベットカバー。

男勝りな叔母からは、かけ離れた可愛らしいイメージですが、何か無垢な、明るい気持ちになれる物をという気持ちを込めた大作です。

これを贈った時、叔母は”まるで、千人針ね。”と言って笑っていました。

高校2年の私を、初めて海外に連れて行ってくれたのも、この叔母でした。
行き先も、不思議と縁を繋いでいくハワイで、この旅の影響が後の仕事の選択へと続いて行きます。

その後、どうしても現地のハワイアンキルトを学びたかった7年前、3週間のハワイ滞在と、レッスンを受けている間の子供たちの面倒を全て引きうけてくれたのも、この叔母でした。

ハワイアンキルトから、針が遠のく度、この叔母の献身を無にしてはいけないという思いが、私をハワイアンへ引きもどしてくれます。

現在も闘病を続けながら、持ち前の精神力で1日一万五千歩を歩き、”年寄りとのお付き合いは、大嫌い”と言いながら、私達よりタフな叔母。

私がいくつになろうとも、可愛い姪には変わりなく、これから先はこうしたら?、60歳までにこうした方がいいんじゃない?と、一大事業をしてきた叔母からのアドバイスは、一主婦とは違った視点から、心に沁み入ります。

病気が治ったら、大好きなマウイ島へ又、皆で行こうね。とあの時、見送った島も、その後訪れることなく、その日を待っていますから。
a0161409_10211546.jpg

海の蒼さをイメージして贈った、クッションと共に。
[PR]
by hana-as426 | 2010-07-11 10:41 | 旅行 | Comments(2)

それぞれの夏

三人三様の夏を送っています。

長女は、日本でのボランティアをスタートする為に、老人ホームへ面接に行きました。

私自身、日本でボランティアをしたことがなかったので、どの様な手順を経て行うのか知りませんでしたが、長女はインターネットを駆使し、春先からサーチをしておりました。

電話やメールの返信など、アメリカでは長女に助けてもらうことは、日常茶飯事ですが、ここ日本では、立場が完全に逆転します。

日本では、娘曰く”積極的なママ”に変身です。
これを言われた時に、本来の姿をアメリカでは出しきれない長年のストレスって、あるのでは?と気ずきました。日本へ本帰国後、奥様が体調を崩して闘病生活に入った話も人ごとではありません。
ストレスは、抱えることなく流しましょう。これから先も。

話を本題に戻し。
娘の希望内容は、お年寄りのお話相手で週2回通う事に決まりました。デイケアーと宿泊の施設を見て回りましたが、デイケアーのお年寄りは、グループになってトランプをしていたり、折り紙をしていたり、ただ座っていたり、ここでも色んなタイプの方がチラホラ。積極的に何かをしている方々が、やはり活力がありました。

廊下に貼ってあるお習字も、とてもお上手で、名前と共に87歳とか92歳とか、年齢が書かれているのがほほえましかったです。

そして、お題も”初恋”であったり、“人生、思い立った時が青春”と書かれていたり。
娘は、お年寄りとの会話、姿から何を感じ取って帰ってくるのでしょうか。

a0161409_1010060.jpg

末娘は、休む間もなく朝7時の朝練から7時近くの帰宅まで、エネルギーを使い果たしています。

サッカー部に女子1人。
アメリカでは、男女差なく行動するので、その辺のギャップを感じ取った様です。

なんちゃって制服に身を包み通学する姿。
これも、私にとっては新鮮なので、ゴミ捨てに向かいながら、パチリ。

面接に伺う道すがら、”~ちゃん”と声をかけてくれたり、先生と見学に回ってる時も、“何組?”と話に加わってくれたり、学校と皆の懐の広さに、心から感謝しています。

自分が新しい環境に入る経験も、逆の立場になった時、心配りが出来る事でしょう。

そして私は、恒例小学校からの幼馴染8人で集合です。
両親祖父母兄弟は、当然の事、その兄弟の昔の彼氏、彼女話、もっと言っちゃえば、冷蔵庫の中身まで知っちゃってる仲なので、何も飾りのない”素”状態です。

それぞれが、いろいろあったけど(進行中か)、子育て終了まであと一息、還暦になったら温泉にでも泊まりに行こうね!
[PR]
by hana-as426 | 2010-07-07 10:45 | 旅行 | Comments(4)

独立記念日

7月4日は、アメリカ独立記念日、ボストンの皆さん、チャールズリバーの花火は、いかがでしたか。

さて、私は息子のライブコンサートに行ってきました。
半年ぶりの再会なのに、やっ!みたいな感じであっさりと2~3言しか言葉を交わしておりません。

アメリカの親子の様に、いくつになっても息子と母がハグをする。
私がしようとしても、きっと軽くかわされることでしょう。
あれは、やはり小さい時から、当たり前の様にやりつけてないと無理ですね。
a0161409_843679.jpg

好きこそ物の上手なれ(合ってるかな?)
確かに数年前よりは、トークもラップも上達していました。

優勝は、もちろん出来ませんでしたが、好きな事を一緒に打ち込める仲間がいる事、それで充分です。

私の7月4日は。
いとこが、大好物のTopsのチョコレートケーキを持ってきてくれました。
かつて同じマンション内に住んでいたいとこ曰く、“遊んだ帰りに、よくお姉ちゃんが買って来てくれたよね”
確かに、六本木、赤坂、渋谷帰りには、必ず買って来たような。

私の大好物を覚えていてくれてありがとう。感謝感激の独立記念日でした。
a0161409_840438.jpg

[PR]
by hana-as426 | 2010-07-05 08:48 | 旅行 | Comments(0)

まだまだ続く

遅れる事、丸4日。昨晩11時過ぎに荷物が届きました。
励ましの言葉をかけて下さった皆さん、ご心配をかけました。ありがとう。
a0161409_917575.jpg

何度も貼り直されているタグに、流転の痕跡がありありと。

午前と夕方にかかってくる、航空会社からの経過報告に何度落胆したことか。
さすが楽観主義の私も、もしやもう出てこないのでは、、、という不安に駆られ始め。

いつぞや、ボストンへお母様が遊びにいらした友人から聞いた話がふと蘇り。
夜な夜な捨てたレシートを捜すために、ゴミ袋を全部開けたりして。

日本から遊びにいらしていたお母様の荷物が届かず、後日航空会社への請求に全てレシートが必要だった話が、役に立つとは。

いつもアンテナを張って、色んな方々の話を聞いておく。これも今回の教訓ですね。

a0161409_9263162.jpg

そして集めた5日分のレシート。
到着後72時間以上経過しても荷物が届かない場合は、必要身の回り品の請求が出来るとの事。
これから、書類作成して提出します。

しかし一抹の不安が。
ある時、座席のオーディオが壊れていて後日届いた$150のクーポン。
成田について、さあハワイへ飛びましょうとカウンターへ向かったら、今日のフライトはキャンセルですと後日届いた
$150x3人分のクーポン。

どれ1つとして使えたためしはありませんでした。フロリダ駄目、ラスベガス駄目、じゃあ近場でニューヨークは?
それも駄目、じゃあ機内販売は、もちろん駄目。なんじゃこれは??と憤慨する位、制限だらけでした。

そして今回も既に、1日遅れたことに対する書類を4人分提出済みで、また似たようなクーポンが届く事でしょう。

今回の事に対する補償、もうクーポンはいりません。
さて、どうなるか?
秋になったら、報告出来ると思います。
[PR]
by hana-as426 | 2010-06-30 09:48 | 旅行 | Comments(3)

波乱万丈な幕開け

a0161409_952567.jpg

無事、日本に到着しました、、と言いたい所ですが、かなり怒ってます。スナップも無関係なグランドキャニオンですが、こんな風に雄大な心でいなくてはと自分に言い聞かせる為の1枚です。

6月23日にボストンを発ち、24日に無事に着くはずでした。
しかし、28日の今現在、着の身着たまま、荷物は一切届いておりません。

機内には、新聞もあるし、週刊誌もあるし、映画も好きな時好きなだけ見れるしという訳で、単行本の持参も珍しく1冊のみ。和食を頂くのもかなりたのしみにしておりました。

そんなたのしみも、ボストン離陸直後泡と消えて行きました(涙)。
サンダーストームの為、シカゴではなくコロンバスへ向かってるって、、乗り継ぎはどうなるの?

コロンバスの空港に到着した時点で、いつシカゴに向かえるか不明とのこと。
刻々と時間は進み、再びシカゴへ向かった時点で、乗り継ぎは絶望的に。

他社乗り継ぎ手続きの為、広い空港をゲートBからゲートCへそして再びゲートBへと走り抜いたのち、今日飛び立てる飛行機へ搭乗出来た安堵もつかの間、待てどくらせど飛び立たず機内待機で4時間経過。
出てくるのはお水だけ。家を出てから12時間経過しても、まだシカゴって、、日本は遠いわ。

待機理由は、荷物の積み方のバランスが悪く積み直し中とのこと。そうこうしているうちに、乗務員の勤務時間超過の為、交代要員を待ち、挙句の果て、今日は機体の不具合の為、離陸断念で、荷物はそのまま明朝出発に延期だって!!!

又、そこから急いでカウンターへ走りホテルの確保やらミールクーポンやら、ホテルに辿りついた時は、ヘろへろなのに明日も同じ洋服だから、洗えるものは洗おうと手洗いスタート。

そして、翌日どうにか成田に到着しましたが、荷物はなく翌日もその又翌日も、荷物は届かず。

幸いにもこちらに衣類は保管してあるし、何でもすぐ買える日本だからよかったですが、これが旅行先だったら、どんなに不自由な事か。

今回の教訓。
少々手荷物が重くなろうとも大切な物は、必ず機内手荷物にすること。これにつきます。

どこにいるのかな~~。スーツケース3つと息子に頼まれたギターは。

そんな訳で、感激の天丼も、気晴らしのフレンチネイルもカメラが遠い彼方なので撮れず仕舞いでいます。

金曜から月曜日へと日にちをずらして頂いた体験入学先の校長先生との面接。
その為にわざわざ入れた正装も体験入学依願書も届かぬまま、行ってきます。
[PR]
by hana-as426 | 2010-06-28 10:16 | 旅行 | Comments(6)

結婚式

週末、結婚式に出席のため、ニューヨークへ行って来ました。
a0161409_0443281.jpg

公園にあるレストランを借り切って、カクテルパーティーのスタートです。初夏の心地いい風が、ゆったり流れています。

セレモニーは、レストラン裏手、小高い丘の上で開催されました。
a0161409_0484156.jpg

ジョージワシントンブリッジを背景に、指輪の交換をする2人。絵になりますね。
牧師さん役も、友人が務める、心温まる式に出席する機会を持て、感謝感激です。
この後、ディナー、ダンスパーティーへとお祝いは続きました。
a0161409_10527.jpg

夏のスタートでもあるメモリアルデー、橋の中央に大きな国旗が掲げられています。
a0161409_132635.jpg

長女のキャンパスビジットも継続中で、スクールカラ―の違いが少しずつわかって来ました。
[PR]
by hana-as426 | 2010-06-02 01:09 | 旅行 | Comments(0)

ニューヨーク恋物語

a0161409_8575023.jpg

行って来ました、ニューヨーク。
何度,行っても何故かエキサイティングな街へ。
エンパイアステートビルも変わらず健在です。

1990年代に放映になった【ニューヨーク恋物語】ってご存知ですか。
田村正和主演、篠ひろこが出ていたアレです。
主題歌は、井上揚水の”リバーサイドホテル”
当時は、ヤオハン今は、ミツワでカートを引いていた2人の恋物語。
もう1度見たいドラマです。
a0161409_9102417.jpg

初めて訪れたエンパイアステートビルの上で、笑っている21歳の私のスナップ。
そう違いのない娘を連れて歩いている時の流れが、とても不思議です。
[PR]
by hana-as426 | 2010-03-24 09:23 | 旅行 | Comments(3)

Sweets

旅のたのしみの1つに、その国の食べ物や飲み物、そして食べ方などが,重い比重を占めますが、みなさんは如何ですか?

娘がフランスに着いて、1番最初にくれたメールの中に、これから食べるクレープがたのしみ!という文面がありました。

たのしみにして食べたクレープのお味は如何に。

想像していたのとは違い非常にシンプルだったそうです。アイスクリーム、チョコ、バナナ、ホイップクリームなどが入っている“日本のクレープ”と違い、イタリア産のヌッテーラ(チョコクリーム)を塗って、一丁上がりだったそうです。

本場のケーキや、タルトも何度が食べたそうですが、ケーキは日本が、タルトは先日紹介したAthan'sに軍配が上がるとの事。

もう1つ、びっくりしたことは、スープカップの様な大きさのカップに入った紅茶、ココアなどにクロアッサン、クレープ、フランスパンなどを何でも漬けて(Dip)食べる事だったそうです。
a0161409_447552.jpg

      記念に買った“大きなカップ”
[PR]
by hana-as426 | 2010-02-26 04:38 | 旅行 | Comments(2)

フランス流英語

娘のフランスでの様子を、聞かれる機会があるので、もう少し続けようと思います。

彼女は、第三外国語としてフランス語を5年習った後、渡仏しました。
どの程度、話せるのか?それは、2年足らずで早々にギブアップした私には、測る術がありません。

ステイ先の様子を聞くと、あちらのご両親が夕飯時に沢山話しかけて下さったそうです。
わからない時は、英語にしてもらったの?と聞いた所、フランス語のまま、もう1度聞き返し、ゆっくり話してもらったそうです。

何故なら、フランス流の英語は、Hを発音しない為、わかりにくかったとのこと。
たとえば、Harry Potterをアリ―ポッター、
Are you happy?なら、アーユーアッピーになるそうです。

留学生が来たら、お夕飯の時、たくさん話してよと言われている上に、又もや難題が増えました。
a0161409_1522329.jpg

[PR]
by hana-as426 | 2010-02-24 01:54 | 旅行 | Comments(0)

出発

a0161409_3425696.jpg

御一行様25名が、2週間のホームステイへ旅立ちました。

初対面のホストファミリー宅に,フランス語での滞在と,現地校への通学に胸を膨らませて。
a0161409_353595.jpg

フランスへ行ける事は、今後もきっとあることでしょう。
でも、今回の様な体験は、2度とないと思います。

娘へ

初めて、見て聞いて感動した数々を大切に。
私達へのおみやげを買う事になんてとらわれず、その時間があったら、1つでも多くの事を見てらっしゃい。
                           母より
[PR]
by hana-as426 | 2010-02-07 03:55 | 旅行 | Comments(0)