Thank you Card

暑い暑いと言いながら、8月の終わりは毎年名残惜しく、夏って何て魅惑的なんでしょう🍉

とても素敵な、大好きな色合いのカードが届きました。
切手も、薔薇を描いた特別な彩りが添えられています。
a0161409_22563997.jpg
先日、滞在した長女友人達からのThank you Cardです。

こちらの店先には、ありとあらゆる用途のカードが並んでいます。
そして、それを求める人々は、じっくり時間をかけて選んでいます。

まるで、大好きな人へのプレゼントを選ぶ様に。

子供達もしかりで、ちょっと泊めてもらったり、クリニックを見学させてもらったり、インターンシップをさせてもらった先には、必ずカードを書いている姿を見て来ました。

しかし私は、、、
お礼状は書いて来たけれど、カードにそれ程の思い入れはなく、文化の違いか、はたまた人間性か?

カードを選ぶ時は、さらっとしたもので、鳩居堂へ行って一筆書きや便せんを選ぶ方がしっくり来る口です。

彼女達とのご縁は、長女が大学へ入りたての初秋から始まります。

Americaの大学寮を初めて訪れ、長女の部屋へ泊まった時、同僚のサプライズバースデーで、各自役割分担がありました。
長女の役目は卵を用意する事でした。

何故、あの時私だけ部屋に居たのか思い出せませんが、部屋に卵を取りに来たのが彼女でした。

それから、長女は友情を育み、大学3〜4年時、4人で一軒家を借りて大学生活を謳歌していました。

もちろん、卒業旅行も彼女達と一緒です。

そんな、初々しい彼女達を見て来たので、再会はとても嬉しく、ずっとおつきあい出来る友人に恵まれた事に心から感謝しています。

このカードの好みを、長女に聞いて選んでくれたのかどうか、あえて聞いてはいませんが、大好きな色だった事、特別な切手を貼って送ってくれた事が、とてつもなく嬉しい母でした。

彼女達には、幸せな人生を歩んで欲しいです。







[PR]

by hana-as426 | 2016-08-30 23:30 | NJ | Comments(0)