がっかりしていた理由

道を譲らない、目が合っても笑わない、とついついボストンと比べては、ため息をついていましたが、この街にがっかりしていた1番の理由を話せる日がやっと訪れました。

7/25(土曜)
生徒さんが日本から送って下さった荷物が我が家に配達されるも、長女の引っ越しに付き留守。
帰宅後、取り急ぎ荷物がこちらに届いた旨、メールでお礼を述べる。

7/27 (月曜)
玄関先に、再送願いの通知にサインをしたお知らせをはさみ、いつもの郵便配達さんが取って行ったのを見届ける。

2日待っても届かないので、郵便配達さんに聞いた所明日持って来るから待っていて、と言われる。

7/30(木)
探したけど、自分は本局から来ていて、なかったから、ここの住所の管轄へ行って聞いてご覧と言われ、翌日管轄へ。

7/31(金)
朝いちで、管轄へ行き届いてないか確かめる⬅この管轄へ保管してある旨、私は最初のお知らせで住所を確認している。
ここには、ないから係に電話してみて、と電話番号を渡される。

電話するも、トラッキングナンバーがわからない、と言ったら全く相手にされず、違う電話番号を言い渡される。

そこでも、日本から来ている国際郵便と言ってもトラッキングナンバーがわからないから調べられないと全く相手にされずガチャン☎

送って下さった生徒さんへトラッキングナンバーがわかるかどうかお尋ねメール。

8/3(月)
トラッキングナンバーが、分からない旨お返事を頂く。

それでもめげず、この前の人と違う係になる様に願いながら、郵便局へ並んでみる。
運良く、違うお姉さんになったけれど、やはり無いとの事。

もう、待つしかない、と腹を据えモヤモヤしながら、ボストンでは20年以上住んでこんなこと1度もないわ!!と毒ずきながら待つ事10日余り⬅この間も、日本から送った下さった荷物が順調に到着。

ポストに入っていたお知らせは、あと10日のうちに取りに来なかったら、返送しますよ、という
Final notice

は〜〜〜〜何度も行ってますけど。そもそも最初に、玄関先に置いて行ってくれる様、サインしてありますけど!
全く、ついて行けない。やっぱり老後は、アメリカ無理!!!

でも、取りに行くよ、と郵便局が開く前からダッシュ??
a0161409_23163210.jpg

やっと届きましたよ、Kさん。

中身は、具合の悪い私を気使ってのかぼす味や、しょうが味の口当たり爽やかな品々。
大好物のマロン系も入っていて感謝感激です。

また、1つ学びましたよ、不在通知からもトラッキングナンバーを書き写す様にって。
さあ、明日はボストンだ??????でも、この街も好きになろう。
[PR]

by hana-as426 | 2015-08-17 23:26 | NJ | Comments(0)