つながり

毎週土曜日午前中に通っている日本語学校には、その日だけオープンの日本書籍図書館があります。
たった3時間の間に700冊の書籍が貸し出しされる、とてもありがたい存在です。

小学生の時は、よく伝記を借りて来た末娘。
高校生になった今では、母が借りた本の返却時のみ図書館に出入りしているとばかり思っていました。

先週末、夏休み前に本を借りて来たんだ、と言って机に置いた1冊。
a0161409_09210293.jpg
私の好きな言葉としてこのブログにも書いた、置かれた場所で咲きなさい。
娘は、私がこの言葉を好きな事も、このブログも読んでいないのに。

”どうして、この本を選んだの?”
“何となく”

何千冊、もしかしたら何万冊ある中から選んだ1冊。

3人目なのに、これでもかこれでもかと色々手こずらせてくれる子育ての〆。
つい最近も、門限で揉めたばかり。

あまりの驚きが、あと1年頑張ってみるか、と老体にムチの役目となりましたとさ。


[PR]

by hana-as426 | 2014-06-19 09:36 | ボストン | Comments(2)  

Commented by 優駿 at 2014-06-22 14:38 x
よいね、やっぱりって思ったよ
詳細はメールで(笑)
Commented by hana-as426 at 2014-06-22 22:43
え!なになに?

<< 兄妹 Orchid as No.1 >>