もしも、私が〜♪♪

もしも、私が家を建てたなら〜♪、という歌があったけど。
近頃、もしも私が〜♪、と妄想する場面が度々。

これは、末娘ボーイフレンドが差し入れしてくれた手作りクッキー。
a0161409_2341715.jpg

この日は、その友人と娘は我が家で勉強をして帰宅。
友人宅は、徒歩20分位。
そして、極寒の中、出来たてのクッキーを再び徒歩で届けてくれた。
この寒さ、尋常じゃない。常に氷点下、すぐそこの買い物すら億劫なのに。

それ故、牛乳買って来て!ベーグル買って来て!みかん買って来て!、と出かける娘達に買い物を頼む回数も増える。
そして、帰宅時は男子がいれば、必ず彼らが荷物を持って来る事に気がついた。うちの買い出しなのに。

長女彼と共に外ご飯した時の事。
全て、彼が焼いて取り分けてくれる。
私は、これに慣れていない。常に自分は、サービスする側であり、サーブされる側がくすぐったい。
焼くまでは男仕事だけど、取るのは各自めいめいが私の作りあげた家庭。
さかのぼって思い出してみると、父は焼く事すらしてなかった気がする。全て、おかあさんの役目の中で育った訳だ。

私の育った時代なのか?文化の違いなのか?
スポーツも、仕事の選択も男女差のない環境で育っている娘達の環境は、男女差なくキッチンに立つのが当たり前であり、そして女性(Mom)が、とても大切にされている様に感じる。

今更ながら、妄想してしまう、もしも私が〜♪♪って。きっと人生180度違っていただろうな。
[PR]

by hana-as426 | 2014-01-27 00:07 | ボストン | Comments(2)

Commented by 優駿 at 2014-01-27 00:16 x
はっきり言おう! きっと私しか言えないから。
きっと無理。 焼いて取り分けてもらってたら きっとあなた
「 や、もうっけっこうです。自分でやりますから」と動き出すでしょう。 だってパパさんだってサービスできる人じゃありませんか
でも、じっとは無理(笑)
Commented by hana-as426 at 2014-01-27 00:40
確かに、つい最近”おかまいなく、自分で取りますから”と言ったばかりだわ。
荷物持つ事も、固い蓋を開ける係も、いつの間にか私に役目になってる、、、自業自得って事?