ボストン@ハワイアンキルト

myhawaii.exblog.jp

ハワイアンキルトをあなたと

感動的な出来事

郵便ポストを覗いた時、届いていた見慣れない国際郵便。

差出人は、幸ちゃん。
私達は、幼稚園から中学卒業まで一緒だった同級生。

私達の中学はとても仲がよくて、今でも3年に1度、学年同窓会を開いている。
渡米をして得た事もあるけれど、失った事も数多くあると思う欠席続きの年月。

その3年に1度が、この10月だった。

青山通りに面したBrooksbrothersと、青山ケンネルの裏手にある小さな公園で、一緒に遊んでいた幸ちゃんがもしかしたら、人生初のボーイフレンドだったのかも知れない。

幸ちゃんのお母様と、私の母は今でいうママ友のはしり。
お互い孫を持つ身になっても、お付き合いは続いていた。

だから、幸ちゃんのお母様が入院したのも母から聞いていた。

母の夏の出来事を、幸ちゃんには伝えなくてはと思い立ち、見送ってくれた幼馴染に伝言を託した8月末。
手紙で知らせてはとアドバイスをくれたけれど、あの時の私には気力がなかった。

そんな私に、綺麗な字で丁寧に書かれた励ましの手紙が届こうとは。
a0161409_251593.jpg

一流会社に就職し、駐在を済ませた後、支店長まで昇りつめた幸ちゃんの多忙な日常は想像がつく。
働き盛りの男性が、手紙を書く事の大変さも理解出来る。

驚きながら、読み始めた私の心を温かくしてくれたのは、華ちゃんへと書かれた書き出しだった。
こんなに大きくなっても、華ちゃんて呼んでくれるんだ、、。

そして最後に書かれた言葉、ご家族を大切に。

優しい子だって自慢の息子だった親孝行幸ちゃんは、変わってないな。

毎夏、日本へ帰るたびに、友人母達に逢っておきたいと思う。
でも、逢ったら自分も含めて、その老いが悲しいかなとも。

あの頃、今の私より若いお母さんやママ達は、姑問題で愚痴を言ったりしてたな。
30~40代の姿のまま、お母さんとママ達は永遠に私の心の中で輝き続けている。

幸ちゃんのお母様もその一人。
[PR]
Commented by 優駿 at 2011-12-02 10:02 x
朝から、泣かされました
友達はありがたいね。 バーバにもママ友がいたんだね
私も、たくさんのママ友に支えられてます。
この夏、失ったものは大きかったけど、思い出したり,得たものも多かったかな?
Commented by hana-as426 at 2011-12-02 22:37
中学の時の好青年は、やっぱり誠実な人のまま大人になるんだね。

ある程度の年で、出来上がってるんだって痛感した。

ちゃらおは、離婚したりしてるもん(善し悪しは別として)。

これから心を込めた返事を書きます。
Commented by 美奈子 at 2011-12-03 08:45 x
直接連絡きて良かった。
同窓会で久しぶりに話した彼は、昔と変わらない印象でした。
3つごのたましい、、じゃないけど中学くらいまでに形成された人格って変わらないんだな、と自分の子供に当てはめたりして。。。
Commented by hana-as426 at 2011-12-03 09:23
その節は、お世話になりました。

まさか本人から、こんなに誠実な手紙を頂くなんて思ってもいなかったわ。

本当、中学の時に既に行く先見えてるね。
生徒会長や、キャプテンやる様な子は、そういう人生歩むんだね。

もっと早くわかってたら、人生違ってたかも!?

今日、心を込めたお返事おくりました、もちろん出だしは幸ちゃんで。

奥さんが見たら、引くかも。
by hana-as426 | 2011-12-01 23:50 | 日本 | Comments(4)

ハワイアンキルトをあなたと


by hana-as426