10年ぶりに

4月のダブルダッチの大会に向け、練習を重ねている末娘。
土曜日は、学校がお休みなので、近くの体育館を借りての練習となりました。
a0161409_4173724.jpg

ここは、幼稚園に入る前プリスクールとして通った懐かしい場所です。

アメリカの子育ては、新生児から一人で寝るのが当たり前、小さい時から集団生活に入れ、早くからの自立を目指します。

かたや我が家、3歳まで日本語環境で育てた為、英語が全く分からず初日から大泣きをし、何と迎えに行った時には疲れて昼寝をしていました。【もちろん、そんなの一人だけ】

2日目からも離れる事が出来ず、結局1週間付き添いをする始末。

でも、私だけじゃなかったんです。

もう1人、お父さんがヨーロッパ、お母さんが中国人とのハーフの可愛いお嬢さんも離れられず、小さい弟君連れで、同じく付き添いをしていました。

そんな泣き虫の2人もどうにか慣れ、もう一人の泣き虫ちゃんはそのまま付属の幼稚園、小学校へと進み、我が家は公立幼稚園に移りました。

そして数年が経過し、小学校高学年になった時、何ともう1人の泣き虫ちゃんが末娘のクラスに転校をして来ました。

オープンハウスでお母さんに再会した時、私から声をかけ娘の名前を告げると、ちゃんと覚えてくれていました。

そして現在。
2人の通っているバンド練習までの空き時間、我が家で宿題を済ませる為に下校後1時間寄り道をして行きます。

先月までは、一緒にNYへ旅行した友人もいましたが悲しいかな帰国してしまい今は2人になってしまいました。

彼女は、身長も私より大きく、もちろん細くそれはそれは美しいです。
毎週、美しく成長した彼女を見るたびに、縁て不思議だなって思っています。
a0161409_0163168.jpg

以前、ボストンに住んでいらした方が10年ぶりにお便りを下さいました。

ボストンから西海岸へ引っ越したお友達に連絡を取った時、このブログを知り、懐かしくなってお便りを下さったとの事。

又、繋がる事が出来るってありがたいなっと思ったもう1つの10年ぶりでした。
[PR]
by hana-as426 | 2011-03-30 00:32 | ボストン | Comments(0)