ボストン@ハワイアンキルト

myhawaii.exblog.jp

ハワイアンキルトをあなたと

旅立ちの時

お恥ずかしい話ですが、この所ボタン付け以外で針を持っていません。

日本の心配、長女の受験結果も届き始め、その他諸々と、とても針を持つ余裕が無い毎日。

NYにて、導かれた様に入って行った美術館で先人の偉大な作品を見た時、”早く、日常に戻りなさい”という声が作品の向うから聞こえる様な気さえしました。

そして、次はこれを作る事にしました。
a0161409_6585142.jpg

生徒さんでありママ友でもあるRちゃんの制作途中のバックを引き受けました。

彼女とは、4年半という年月を同じ学校の父兄として共に過ごし、今月下旬に帰国してしまう1人です。

サークルを含めるとこのクラスをスタートして、今年で7年目。
帰国する生徒さんの作品制作を引き受ける事は、今回が初めてです。

どう考えても現状の日本へ帰国し、このデザインがぴったり来る初夏までに出来上がる余裕があるとは思えませんでした。

生活を立ちあげるだけでも、かなりの時間を要する事でしょう。

彼女とは、現在よりも数倍大変だった学校のボランティアを共に過ごした仲間であり、いつも全速力で走っている姿を見続けて来ました。

だからこそ、作りかけで帰ってしまうのを放っておけなかったのかもしれません。

a0161409_795791.jpg

3月は、別れの季節。
何度体験しようとも慣れずにいます。
[PR]
by hana-as426 | 2011-03-26 02:35 | 生徒さんの作品 | Comments(0)

ハワイアンキルトをあなたと


by hana-as426