ボストン@ハワイアンキルト

myhawaii.exblog.jp

ハワイアンキルトをあなたと

小さな手

昨日の大雨が上がり、青空が広がりほっとした。

私達が、今の母国へ出来る事。

長女の高校で放課後、日本の食材を販売し、その売り上げを支援金として日本へ送る事になった。

計画を立ち上げたのは、長女とその友人2人。
一学年500人中、たった3人の日本人。

3人は、小中高と共に大きくなり、あと2カ月で卒業を迎え、それぞれの大学へ進んでいく幼馴染。

全学年2000名強に広げて日本人を探してみても、その数は少ない。
名前を聞けば幼かった面影が目に浮かぶ狭い世界。

一方、末娘の在学する小中では、食材販売、募金、折り鶴のコーナーを1週間設け、総売り上げを支援金にする事になっている。

こちらの方は、歴史もあり、日本人世帯50を超えるので、慣れたもので
テーブルには、おにぎり、お菓子の詰め合わせ袋、ブラウニー、カップケーキ他、それは見事な団結力となる。

そんな母達を見て育った娘達だったからか、話が出るとあっという間に実現となった。

言いだしっぺの長女は、メニュー決定からスタートした。

焼きそばは?  フォークが必要だからね。
おにぎりに海苔は? 海苔は作る人の持ち出しになるし、ひと手間加わる事を忘れずに。
唐揚げは? 多分人気があるけど、作り手の人数確保が必要よ。

こんなアドバイスを送りながら、私が提案した枝豆。
人気があり、作る手間が少なく、朝持って行って放課後売るにも心配なし。

a0161409_424682.jpg

我が家が用意した枝豆6袋と唐揚げ1kgも、2000人の生徒の前では、あまりにも小さな手に過ぎない。

小さな手が繋がって行きます様に。

今頃、大盛況真っ只中だろうか。
[PR]
Commented by 優駿 at 2011-03-18 09:45 x
小さな手が、大きいな力になります。遠いところからでも
思ってくれるその気持ちが何よりの支えです。いろいろなことから何回も復興できた日本です。今回もたくさんの小さな手に支えられながら立ち直れると信じてます。 未来のために
私たちは被災者ではないけどありがとうって言いたいです。
Commented by hana-as426 at 2011-03-18 10:00
ショック枝豆人気なかったんだって!麦茶もカルピスも。
小中校は、日本食に慣れてるから、そのつもりで考えたら世界はやっぱり広かったって事!?
いい経験させてもらいました。

明日も、クッキー販売するそうです。
日本人家族だけでなく、作ってくれたそうで、確実に小さな手が繋がった事を感じました。
by hana-as426 | 2011-03-18 04:26 | ボストン | Comments(2)

ハワイアンキルトをあなたと


by hana-as426