ボストン@ハワイアンキルト

myhawaii.exblog.jp

ハワイアンキルトをあなたと

ハナレテワカルコト by キマグレン

今日のタイトル、それは。
友人Mさんが送ってくれた軽快なテンポの感動曲。
是非、You Tubeで聴いて下さい。

Mさんとは、同じ時期に息子の反抗期に苦しんだ、いわば同士。

”クソ○○○の後に今日は、○ねまで言われた!”
”私なんて、ず~と寝てればって言われたのよ!”とあの頃は、お互いどんより暗かった。

帰省から早10日。
当初浮足立っていた毎日も落ち着き、日常を送ってみて気が付く事が沢山ある。

一緒に暮らしていた頃は“当たり前”と思っていた事が、実はそうではないとお互いが気づけた2年間という歳月。

たとえば、洗濯物をたたんで置いておく事も以前なら、当たり前の事だった。でも、今回は必ず”ありがとう”という言葉が返って来る。

彼の口から出た言葉、”食べ物が常に沢山あるっていいよな”と冷蔵庫を開けてはつぶやいている。

そう、今や自分で買いに行かなくては何も口には入らない事だろう。

2年間の空白の後に改めてボストンに帰って来ると、それはそれは美しいらしい。

ゆったりした時の流れ、煉瓦作りの家並み、店員さんのたのしそうな接客、どれもがいいものらしい。

離れて、又来たからわかるんだそうな。

そういえば、ハイスクールに入ってからの7年間。
2人で、歩いた事なんて皆無だった。
友人と過ごす事が全てで、彼の目はいつも外に向かっていたっけ。

今は、その7年間の空白を埋めるかのように一緒に新たなボストンに目を輝かせてる。

なんて書くとカッコイイけれど、日中の母息子2人ずれは、かなり浮き気味で、息子の頭には”マザコン”という呪文が渦巻いてるらしい。

この頃は、きっと日本から来た観光客に見えてるねと開き直りながら歩いているけれどね。

a0161409_22115953.jpg

昨年、Mさんがメキシコ カンクンから送ってくれた大好きな海。
その頃、我が家は長女の受験一色で、この1枚がどんなに嬉しかった事か。
[PR]
Commented by 優駿 at 2011-02-19 18:28 x
先日、坊ちゃまからのメールに、日本にいるより健康的な生活をしてるということと、家族の大切さを日々かんじてます。とありました。大切な大切な時間マザコンだろうがなんだろうが大事にしてください。 嵐のギフトも息子に理解しながら聞いてほしい曲ですよ
Commented by hana-as426 at 2011-02-19 21:48
時差も全くなく、早寝早起き生活に突入していますからね。

ここで繋がっていて、自分のメールが私に伝わっているとは思ってもみないことでしょう。

嵐のギフト、聴いてみるね。
by hana-as426 | 2011-02-18 22:32 | ボストン | Comments(2)

ハワイアンキルトをあなたと


by hana-as426