それぞれの夏

三人三様の夏を送っています。

長女は、日本でのボランティアをスタートする為に、老人ホームへ面接に行きました。

私自身、日本でボランティアをしたことがなかったので、どの様な手順を経て行うのか知りませんでしたが、長女はインターネットを駆使し、春先からサーチをしておりました。

電話やメールの返信など、アメリカでは長女に助けてもらうことは、日常茶飯事ですが、ここ日本では、立場が完全に逆転します。

日本では、娘曰く”積極的なママ”に変身です。
これを言われた時に、本来の姿をアメリカでは出しきれない長年のストレスって、あるのでは?と気ずきました。日本へ本帰国後、奥様が体調を崩して闘病生活に入った話も人ごとではありません。
ストレスは、抱えることなく流しましょう。これから先も。

話を本題に戻し。
娘の希望内容は、お年寄りのお話相手で週2回通う事に決まりました。デイケアーと宿泊の施設を見て回りましたが、デイケアーのお年寄りは、グループになってトランプをしていたり、折り紙をしていたり、ただ座っていたり、ここでも色んなタイプの方がチラホラ。積極的に何かをしている方々が、やはり活力がありました。

廊下に貼ってあるお習字も、とてもお上手で、名前と共に87歳とか92歳とか、年齢が書かれているのがほほえましかったです。

そして、お題も”初恋”であったり、“人生、思い立った時が青春”と書かれていたり。
娘は、お年寄りとの会話、姿から何を感じ取って帰ってくるのでしょうか。

a0161409_1010060.jpg

末娘は、休む間もなく朝7時の朝練から7時近くの帰宅まで、エネルギーを使い果たしています。

サッカー部に女子1人。
アメリカでは、男女差なく行動するので、その辺のギャップを感じ取った様です。

なんちゃって制服に身を包み通学する姿。
これも、私にとっては新鮮なので、ゴミ捨てに向かいながら、パチリ。

面接に伺う道すがら、”~ちゃん”と声をかけてくれたり、先生と見学に回ってる時も、“何組?”と話に加わってくれたり、学校と皆の懐の広さに、心から感謝しています。

自分が新しい環境に入る経験も、逆の立場になった時、心配りが出来る事でしょう。

そして私は、恒例小学校からの幼馴染8人で集合です。
両親祖父母兄弟は、当然の事、その兄弟の昔の彼氏、彼女話、もっと言っちゃえば、冷蔵庫の中身まで知っちゃってる仲なので、何も飾りのない”素”状態です。

それぞれが、いろいろあったけど(進行中か)、子育て終了まであと一息、還暦になったら温泉にでも泊まりに行こうね!
[PR]

by hana-as426 | 2010-07-07 10:45 | 旅行 | Comments(4)

Commented by 優駿 at 2010-07-08 10:02 x
末娘の後ろ姿はよく似てますね。  諸先輩方はお元気でしたでしょうか? 遊んでいただいたりしましたよね
長女さんは、この夏、幼稚園児の相手から、高齢者の相手まで
忙しい夏ですね。 どちらもボランティアだし。 感謝!!
Commented by hana-as426 at 2010-07-08 19:03
おたくのお嬢話は、毎日食卓にのぼっています。
ハワイ、長女、お宅姫が同じ系統だとか、、、。

諸先輩方は、介護あり、夫の更年期あり、夫の早帰りストレス話と
盛りだくさんでしたよ。
Commented by rokko at 2010-07-08 20:44 x
見慣れない制服姿に、「就職活動?!」と訳の分からん事を想像してしまったよ。スカートがまず珍しいんだな〜。
Commented by hana-as426 at 2010-07-08 22:03
元気~~~。
Miss.F可愛いね。写真撮りまくっちゃうでしょ?
家族の会話の中心になってそう。
早く、抱っこしてみたい。

制服姿、私も思わず銀行の窓口お姉さんをイメージしてしまった程、違和感あり。