Campus Visit

今年の夏休みは、久しぶりに日本から直接こちらに戻る日程にしてある。

何故なら?
9月から、ハイスクール最終学年になる娘は、只今Campus Visitの真っ最中。3月のニューヨーク訪問も、4月の春休みもいくつかの大学を見て回った。
a0161409_0132041.jpg

息子の進学時には、日本の事なら任せて!とばかり、出願手続に必要な書類など、テキパキとこなせたものだったけれど。

今回は、実に頼りのない親なことだろう。
たとえていうのなら、知っている大学名も10校を超えているだろうか。こんな話にならない親だから、娘は自力で開拓せざる得ない。親は、言われるままにお連れするのみ。

話は少しそれるけれども、娘の命名をする時の話。
私は、結婚もしない前から、何故か娘が生まれたらこれと決めていた名前があった。音の響きと、漢字が好きで。

しかし、姓名判断の本によると”家庭には留まらず、自立して生きて行く字画”と、何冊かの本に書いてあった。

それでも尚、押し切って付けた名前。
ふとした時に、当たっているかもと思い出す。

数年前から、いくつかの家庭教師をしているのもしかり。私達は、勧めた事もないのに、自分で見つけてきては生徒を増やし、お姉さんをみた次は、弟もと先方から話が舞い込んで来たりする。

やっぱり”働く星”か。

話を戻し、何故、ハワイに寄らずまっすぐ帰る事にしたかと言うと
夏休み後半に、西海岸の大学も訪問する事にしていたから。

現在は、まだ娘と父親分だけの航空券しか手配していない。
娘曰く、自分の大学を見て回るのに無駄な支出はして欲しくないという。

私は、私でチャンスがあれば、10代のうちに色々な所を見ておくのも末娘にとっていい機会ではと思っている。
正直な話、久しぶりにゴールデンゲートブリッジを見たいのは、自分かな?

その反面、年頃の娘と父親の旅も、そうそうないからお邪魔するのは辞めようかとも思い始めている今日この頃。
[PR]

by hana-as426 | 2010-05-12 00:56 | ボストン | Comments(4)

Commented by melissan at 2010-05-12 11:27
しっかりしたお嬢さんですねぇ。(我が愚娘とは大違い!)
生まれる前から運命づけられているなんて、不思議ですが、
なんとなくわかる気もします。
アメリカという環境が、さらにお嬢さんを理想に導いているようで、
英断されたご両親の選択、サポートのおかげも十分あると思います。hanaさま、やはり母の鏡です!
それにしても、大学受験の時ほど、日米の差を感じることはありません。うらやまし~!!
Commented by Erica-Papa at 2010-05-12 23:00 x
ついに大学ですか。娘さんは6年前からしっかりとした目標を持っていましたよね。実現に向けて、いよいよですね。ちなみにおそらく理系ですよね。研究は一生続けたくなる楽しい仕事ですとお伝えください。
Commented by hana-as426 at 2010-05-13 08:08
Melissanさん、 お互い受験生の母、今年は“静”の時ですね。
色々な思いを作品に込めましょうか。



Commented by hana-as426 at 2010-05-13 08:11
Erica-papaさん、読んで下さってるんですね、感激!
娘も、時々見ているみたいなので直接アドバイスを読むまで、そっとしておきます。何せ、夕方なのに疲れて寝てますから。野球頑張って下さい。